@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リーフデ号【リーフデゴウ】

デジタル大辞泉

リーフデ‐ごう〔‐ガウ〕【リーフデ号】
Liefde》日本に初めて来航したオランダ船。マゼラン海峡を経て東インドに向かう途中、1600年日本の豊後臼杵(うすき)に漂着。航海長はイギリス人のウイリアム=アダムス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りーふでごう【リーフデ号】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リーフデごう【リーフデ号】
1600年、豊後ぶんご国臼杵うすき湾に漂着したオランダ商船。乗員にアダムズ(三浦按針)やヤン=ヨーステンがいた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リーフデ号
りーふでごう
De Liefde
日本に来航した最初のオランダ船。ロッテルダムの東方貿易会社が1598年東洋貿易に派遣した五隻中の一隻で、300トンの木造帆船。マゼラン海峡を経て太平洋横断中に遭難し、1600年(慶長5)豊後(ぶんご)国(大分県)佐志生(さしう)に漂着した。船長クアッケルナック、航海長ウィリアム・アダムズ(のち三浦按針(みうらあんじん))、船員ヤン・ヨーステンらは徳川家康に優遇された。同船は関東へ回航途中暴風雨で大破し浦賀で破棄されたが、同船の来航は日蘭(にちらん)、日英の通交開始の機縁となった。なお、同船の船尾についていた人文学者エラスムスの木像は船体破棄後も保存され、貨狄(かてき)様といわれ、上野(こうずけ)国(群馬県)佐野の竜江院に伝存し、国の重要文化財に指定されている。[沼田 哲]
『岡田章雄著『三浦按針』(1948・創元社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リーフデ‐ごう ‥ガウ【リーフデ号】
(リーフデはLiefde) 慶長五年(一六〇〇)豊後国(大分県)に漂着したオランダ船。船長クワッケルナック。徳川家康は大坂・江戸に回航させ乗員のウィリアム=アダムズ(三浦按針)、ヤン=ヨーステンを迎えて顧問とし、日蘭・日英貿易成立の機縁をつくったが、船は江戸回航中暴風雨により、浦賀で廃棄された。旧名エラスムス号。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

リーフデ号
リーフデごう
1600年,豊後(大分県)臼杵湾に漂着したオランダ商船
徳川家康はリーフデ号を大坂に回航させ,乗員ウィリアム=アダムズ(英人),ヤン=ヨーステン(蘭人)を顧問とした。日蘭・日英貿易開始の契機となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーフデ号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リーフデ号の関連情報

関連キーワード

不釣り合いなカップルデッセルヤン・ヨーステン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation