@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルイビル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルイビル
Louisville
アメリカ合衆国,ケンタッキー州の中北部,シンシナティの南西約 144km,オハイオ川の南岸にある最大の都市オハイオ川の橋でインディアナ州ニューオールバニと結ばれている。 1780年創設,河港として発展。オハイオ滝を迂回する運河建設 (1825~30) 後急速に発展。 1828年市制。産業は伝統的な加工肉,小麦粉,バーボンウイスキー,ビール,タバコなどの製造や,鉛製品,織物,楽器製造が盛ん。自動車,農機具,ゴム製品,電気機器,アルミ製品などの近代工業発達。印刷,製本の中心で,雑誌,カタログなどの出版物が多い。ケンタッキーダービーが有名。古い歴史をもつケンタッキー農業見本市には馬市を開設。ルイビル大学 (1798創立) ,美術館,博物館など文教施設も多い。付近にアメリカの金を所蔵するノックスがある。人口 59万7337(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルイビル(Louisville)
米国ケンタッキー州中北部の都市。同州最大の都市で、商工業、金融業の中心地バーボンウイスキーとタバコの製造が盛ん。世界的に有名なケンタッキーダービーが開催されるチャーチル‐ダウンズ競馬場がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルイビル【Louisville】
アメリカ合衆国ケンタッキー州北西部,ジェファソン郡の郡都。人口27万(1994)。オハイオ川左岸に位置し,同州最大の都市。州の工業,商業,金融,流通の中心地。伝統的なバーボン・ウィスキーの醸造やタバコ製造のほかに,農業機械,電気器具,自動車,石油化学,家具,プラスチック,ガラスなどの工業が発達している。1778年建設された砦が集落の基礎となり,オハイオ川の舟運の発達とともに町が発展した。チャーチル・ダウンズ競馬場ではケンタッキー・ダービーが開催される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルイビル
るいびる
Louisville
アメリカ合衆国、ケンタッキー州北西部の州最大都市で、ジェファーソン郡の郡都。人口25万6231(2000)。オハイオ川左岸に位置し、工業、金融、商業、流通の中心地である。伝統的なバーボン・ウイスキーの醸造とたばこ製造のほかに電気器具、農業機械、自動車、石油化学、家具、プラスチック、ガラスなどの工業が発達し、工業製品出荷額は全米第14位である。オハイオ川にかかる滝の近くに1778年に建設された砦(とりで)が集落の基礎となった。80年に町となり、イギリス人と北米先住民がオハイオ河谷から追い出されたのちに、オハイオ川の舟運の発達とともに発展し、1850年代の2本の鉄道の開通によってケンタッキー州の商工業の中心となった。ルイビル大学、サザン・バプテスト神学校、ケンタッキー大学薬学部など10の大学があり、チャーチル・ダウンズ競馬場では有名なケンタッキー・ダービーが開催される。市名はフランスのルイ16世にちなむ。[菅野峰明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルイビル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルイビルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation