@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルイ16世【ルイじゅうろくせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルイ16世
ルイじゅうろくせい
Louis XVI
[生]1754.8.23. ベルサイユ
[没]1793.1.21. パリ
フランス王 (在位 1774~92) 。フランス革命中,パリの革命広場 (現コンコルド広場) でギロチンにかけられ処刑された国王として知られる。ルイ 15世の孫,皇太子ルイの第3子。初めベリー公。 1770年オーストリア皇女マリ・アントアネットと結婚。 1774年即位後,まず高等法院の追放を解除し,深刻化した財政危機を打開するため開明派官僚 A.テュルゴー,J.ネッケルを起用したが旧官僚の反対にあい挫折。 1783年財務総監に C.カロンヌを起用,免税特権を廃止して課税の平等を実現しようとしたが,高等法院の激しい反対にあった。そこで 1787年2月名士会を招集,一挙に財政改革を実現しようとしたが,高等法院の公然たる反抗 (いわゆる「貴族の革命」) にあった。次いで 1789年5月全国三部会を招集したが,議決方法をめぐり対立した第三身分代議員は国民議会の成立を決議し,7月その名称を憲法制定国民議会と改め,絶対王政に代わる立憲君主制の樹立を目指した。7月 14日のバスティーユの攻撃に続く革命の進行のなかで,国王は第三身分との妥協を認めず,10月ベルサイユからパリに移されて民衆の直接の監視下におかれた。その後,議会と宮廷との間はミラボー伯の仲介で一応の安定を得たが,王は列強の援助を求めて 1791年6月 20日パリを脱出,国外逃亡をはかったが失敗 (→バレンヌ逃亡事件 ) 。 1792年8月 10日王権停止が決定され,さらに同 1792年 12月開かれた国王裁判で死刑が確定し,1793年1月処刑された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ルイ16世
生年月日:1754年8月23日
フランスの国王(在位1774〜93)
1793年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルイ16世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルイ16世の関連情報

関連キーワード

ニューカッスル公ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争メングスアメリカ合衆国史(年表)地色角ぐむ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation