@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルクソール神殿【ルクソールしんでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルクソール神殿
ルクソールしんでん
Luxor temple
上エジプト,ルクソールにある古代エジプトの主神アモン神殿カルナックにあるアモン大神殿 (→カルナック神殿 ) とスフィンクスの道で結ばれる。アメンホテプ3世の命により築かれた。前 14~13世紀に主要部分が建造され,塔門,パピルス柱柱廊をめぐらした中庭,列柱室,内陣と続くエジプト神殿の典型的な構成を示す。古都テーベの観光の中心をなしている。 

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルクソール‐しんでん【ルクソール神殿】
Luxor Temple》エジプト南東部、ナイル川東岸の観光都市ルクソールにある古代エジプトの神殿。新王国第18王朝のアメンホテプ3世により、カルナック神殿の中核をなすアモン大神殿の付属神殿として建造。ラムセス2世増築、自身の座像オベリスク、古代ローマ時代の城塞跡などがある。元来、2本のオベリスクがあったが1本はパリコンコルド広場に運ばれた。1979年、「古代都市テーベとその墓地遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

ルクソール神殿
ナイルの東岸、町の南にあり、第1塔門、ラムセス2世の中庭、アメンヘテプ3世の中庭、アレキサンダー大王の間がみどころです。第1塔門の前にある「ネクタネボ王の中庭」の左右一対ノオベリスクは非常に大きくエデジプトで残存するものの中では2番目の大きさです。その右側に在ったオベリスクは、現在パリのコンコルド広場に立っています。ルクソールは、かつて古代エジプトの都「テーベ」として栄えたところで,同地区は1979年という早い段階でユネスコの 世界遺産に登録されました。それだけ人類の文化遺産として重要なのでしょう。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

ルクソール神殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルクソール神殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation