@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルクレティウス

デジタル大辞泉

ルクレティウス(Titus Lucretius Carus)
[前94ころ~前55ころ]ローマの哲学詩人エピクロス原子論に基づく哲学詩「物の本質について」により、唯物論的世界観を叙述した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルクレティウス【Titus Lucretius Carus】
前94ころ‐前55ころ
ローマの詩人哲学者。伝記的事実はほとんど不明だが,媚薬をたしなみ,自殺したともいわれている。エピクロスを神のように尊敬した彼は,その原子論を内容とした全6巻からなる大長編詩《デ・レルム・ナトゥラ(自然について)》を唯一の著作として残した。その詩は詩としてもすばらしい傑作だが,その表題は直接,散逸したエピクロスの代表作《ペリ・フュセオス(自然について)》に由来するものと考えられる。ギリシア語のフュシスをラテン語に置きかえて〈レルム・ナトゥラrerum natura〉としたわけだが,この語句の意味についてはベイリーC.Baileyの適切な注意がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ルクレティウス【Titus Lucretius Carus】
前94頃~前55頃 ローマの哲学詩人。エピクロスの原子論的自然観をテーマとした六巻の哲学詩「物の本質について」が唯一の作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルクレティウス
るくれてぃうす
Titus Lucretius Carus
(前94?―前55?)
ローマの哲学的詩人。ただ一つの作品『物の本質について』De Rerum Natura6巻、7415行は、ギリシアの哲学者エピクロスの原子論的唯物論を叙事詩の形式に歌い上げたものである。自然の科学的理解によって、宗教からの解放と死の恐怖の克服を目ざした啓蒙(けいもう)的作品で、その解明の対象は、宇宙の原理、人間の霊魂と精神現象、天体・生物・人類および文明の発生、天変地異などのすべてに及ぶ。詩としては、比喩(ひゆ)的説明の美しい、空想の豊かな傑作であり、やや古風で技巧的と評されてはいるが、ウェルギリウスに並ぶラテン叙事詩の古典とされる。生涯についてはほとんど不明である。[田中享英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルクレティウス
(Titus Lucretius Carus ティトゥス━カルス) 古代ローマ共和政末期の詩人、哲学者。エピクロスの原子論的唯物論に基づく未完の哲学詩「物の本性について」六巻を残した。(前九九頃‐前五五頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ルクレティウス
Titus Carus Lucretius
前94ごろ〜前55ごろ
古代ローマの詩人・哲学者
エピクロスの思想をうけ継ぎ,唯物的な原子論の自然観にもとづき,『物の本質について』の長詩で,人間社会の発生についても自然の過程として説明しようとした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルクレティウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルクレティウスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation