@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルスティカ様式【ルスティカようしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルスティカ様式
ルスティカようしき
Maniera Rustica
建築の壁体に用いられる石積みの一形式。ごつごつした粗面のままの切り石を積んで壁面を仕上げる方式で,古代ギリシアやローマ,さらに中世でも用いられたが,壁が建築表現の重要な要素であることを認識したルネサンス期にいたって F.ブルネレスキミケロッツォ・ディ・バルトロメオらによって復活され,以後フィレンツェ,ローマ,ベネチアのパラッツォ建築に,磨いた石による壁体と対比して用いる形で普及した。ただ後期になるにつれて彫りが浅く平面的になり,当初野性味が失われていく。代表的な例にパラッツォ・ピッティパラッツォ・メディチなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルスティカ様式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルスティカ様式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation