@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルナオービター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルナオービター
Lunar Orbiter
アメリカ航空宇宙局が 1966~67年に打上げた無人一連月探査機レンジャー計画に続くもので,孫衛星となってを回り続け,多くの月面写真を撮影,月の詳細な地図をつくるのを目的とした。ルナオービター1号は,66年8月打上げられ,アメリカ最初の孫衛星となり,広角と狭角のカメラで,広範囲の月面写真を撮った。同年 11月打上げられた2号は,近月点を 34kmまで下げ,コペルニクス山などを撮影。続く 67年2月の3号,同年5月の4号,同年8月の5号により月面の 99%までの鮮明な写真撮影に成功。これをもとに正確な月の地図をつくり,アポロ宇宙船の月着陸点を決めるのにも大きな役割を果した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルナオービター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルナオービターの関連情報

関連キーワード

新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation