@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルナ
Luna, Álvaro de
[生]1388頃.カニェテ
[没]1453.6.2. バリャドリド
スペインの政治家。カスティリア王フアン2世寵臣。貴族出身で,早くから宮廷に小姓として仕えた。馬術,槍術にすぐれ,また宮廷詩の作家として人気を集めた。 1445年アラゴン皇太子死後,騎士たちの選挙によりサンチアゴの太守となった。しかし王の第2夫人の陰謀により 53年逮捕され,処刑された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルナ
Luna
月探査のためにソ連打上げた一連の無人宇宙探査機。ルナ1号 (4号まではルーニクと呼ばれた) は,1959年1月2日に打上げられ,地球の引力圏を脱し,月から 7500kmのところを通過,初の人工惑星となった。2号 (1959.9.12.打上げ) は初めて月面の「晴の海」に衝突し,3号 (59.10.4.) は月の裏側の撮影に成功した。9号 (66.1.31.) が初めて月面への軟着陸に成功し,10号 (66.3.31.) は月を回る初の衛星となった。 70年代に入ってもこのシリーズは続けられ,24号 (76.8.9.) まで打上げられて各種の探査,観測に成功した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルナ(〈ラテン〉luna)

(Luna)ローマ神話で、月の女神ギリシャ神話セレネにあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ルナ
愛知県にあるテーマパークラグナシアキャラクター。猫の女の子。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルナ
イタリア、アウロラ社の筆記具の商品名。2009年、ガリレオ天体望遠鏡で観測を始めてから400年、人類月面着陸から40年を記念して発売。万年筆ボールペン、スケッチペンがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルナ
Vリーグに参加するバレーボールチーム、NECレッドロケッツのチームマスコット。宇宙飛行士モチーフ

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルナ【Álvaro de Luna】
1390?‐1453
カスティリャ王フアン2世の寵臣。アラゴンの名門貴族ルナ家の出身。幼時からカスティリャの宮廷で育てられ,やがてフアン2世(在位1407‐54)の絶対的な信頼を得て約30年間(1422‐53)国政を牛耳り,スペイン史上〈王冠なき最大の権力者〉と評される。衰微した王権の強化を目ざすルナに大貴族は激しく抵抗,カスティリャは慢性的な内戦状態に陥ったが,最終的にはオルメードの戦(1445)で貴族勢力を破った。その後,独断で王の再婚問題を進めてその不興を買い,かつみずからが選んだ新王妃に憎悪されて失脚,最後は王令に背いたかどで逮捕,処刑された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ルナ【Juan Luna】
1857‐99
フィリピンの画家。19世紀末葉のフィリピンは政治,文化の各方面で優れた人材を輩出したが,絵画の世界ではルナとF.レスレクシオン・イダルゴの2人が世界的名声を博した。ルナは北イロコス州バドック町の名家に生まれ,マニラの航海術学校を卒業,2,3年間海の男の生活を送った後,1877年スペインへ留学してマドリードのサン・フェルナンド芸術学校でアレホ・ベラについて油絵を学んだ。天賦の才はたちまち開花し,翌78年以後ヨーロッパ各地の展覧会で数々の大賞に輝いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

るな【ルナ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ルナ【Luna】
ローマ神話の月の女神。ときにダイアナと同一視される。ギリシャ神話のセレネに当たる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルナ
るな
Luna
ローマ神話の月の女神。その信仰は早くより存在し、歴史時代にはいくつか神殿もあったが、さほど隆盛とはいえず、しだいにディアナ信仰に吸収されてしまったため、ルナ自身の神話は残存しない。ギリシア神話のセレネと同一視される。[丹下和彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルナ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルナの関連情報

関連キーワード

ギリシア文学フィロズシャーコンスタンチノープルパレオロゴス朝ビザンチン帝国ビザンチン美術近代ギリシア文学コンスタンティノープルパレオロゴス朝ビザンティン帝国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation