@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルノアール【るのあーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルノアール(Jean Joseph tienne Lenoir)
るのあーる
Jean Joseph tienne Lenoir
(1822―1900)
フランスの機械技術者。ルクセンブルクに生まれ、1838年パリに出た。1859年、ガスと空気の混合気体を燃焼させて動かす実用的な内燃機関を発明、翌1860年特許を得た。この機関は、構造的にはシリンダー、ピストン、連接棒、はずみ車などをもち、横型複動蒸気機関と似ていた。気体圧縮装置はなく、混合気体が、適当な瞬間に電気火花によって点火されるもので、その後の内燃機関発達に重要な契機を与えた。ほかに電動機、自記発信機などの発明もある。1870年フランスに帰化した。[渡辺 伸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルノアール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルノアールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation