@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルノワール

デジタル大辞泉

ルノワール(Renoir)
《「ルノアール」とも》
(Pierre-Auguste ~)[1841~1919]フランスの画家。印象派の運動に参加。豊麗色彩で裸婦・花・子供などを描いた。晩年彫刻も制作。
(Jean ~)[1894~1979]フランスの映画監督。次男。絵画的な画面構成と重厚なヒューマニズムによって、芸術としての映画を確立した。作「どん底」「大いなる幻影」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルノワール
[一] (Pierre Auguste Renoir ピエール=オーギュスト━) フランスの画家。印象派の代表者の一人。明るく甘美な色調で、子ども、花、豊満な裸婦などを好んで描いた。(一八四一‐一九一九
[二] (Jean Ronoir ジャン━) フランスの映画監督。(一)の次男。無声映画時代から前衛的な作品を手がけ、ヌーベル‐バーグにも大きな影響を与えた。作「ピクニック」「どん底」「大いなる幻影」など。(一八九四‐一九七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ルノワール
Pierre Auguste Renoir
1841〜1919
フランスの画家
印象派絵画の創始者たちと深いかかわりをもち,特にモネの影響を受けた。しかし,イタリア旅行(1881〜82)ののち,印象派の画風を離れ,印象派がかえりみようとしなかった構図を重んじ,赤い色調のすばらしい,柔らかい情感豊かな色彩美を追求し,“色彩の魔術師”といわれた。代表作は『浴女たち』『ムーラン−ド−ラ−ギャレット』など。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルノワール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルノワールの関連情報

関連キーワード

サンピエール大聖堂ボアロー=ナルスジャックアナール学派サント・マドレーヌ聖堂パリ・オペラ座バレエ団ブルデューラルースレジスタンス文学キュリー(スクワドフスカ)キュリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation