@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルビッチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルビッチ
Lubitsch, Ernst
[生]1892.1.28. ベルリン
[没]1947.11.30. ハリウッド
ドイツの映画監督。 1913年喜劇俳優として映画界へ入る。ドイツでは『パッション』 Madame Dubarry (1919) で人気を高め,23年ハリウッドに招かれて『結婚哲学』 The Marriage Circle (24) に代表される現代風俗喜劇や『ラブ・パレード』 The Love Parade (29) ,『陽気な中尉さん』 The Smiling Lieutenant (31) などに代表されるシネ・オペレッタのジャンルを確立し,エロティックで洗練されたルビッチ・タッチを発揮した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルビッチ(Ernst Lubitsch)
[1892~1947]米国の映画監督。ドイツ生まれ。洗練された喜劇作品を得意とし、後進に多大な影響を与えた。作「結婚哲学」「ニノチカ」「生きるべきか死ぬべきか」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルビッチ【Ernst Lubitsch】
1892‐1947
ドイツおよびアメリカの映画監督。ルビッチュともよばれる。〈ルビッチ・タッチ〉とよばれる独特の洗練されたスタイルで,セックスを笑いでまぶしたハリウッドの〈ソフィスティケーティッド・コメディ〉あるいは〈ロマンチック・コメディ〉(フランス語では〈アメリカ喜劇comédie américaine〉とよばれるジャンル)の原形をつくった。フランク・キャプラ,プレストン・スタージェス,レオ・マッケリーLeo McCarey(1898‐1969)とともに〈アメリカ喜劇〉の四大監督とみなされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ルビッチ【Ernst Lubitsch】
1892~1947) ドイツの映画監督。はじめ喜劇俳優であったが監督に転向。招かれて渡米し、「結婚哲学」「三人の女性」「禁断の女性」などでアメリカ映画独特のソフィスティケーション喜劇を生み出した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルビッチ
るびっち
Ernst Lubitsch
(1892―1947)
ドイツのちにアメリカの映画監督。ベルリン生まれ。ラインハルトのもとで舞台経験を積み、1913年喜劇俳優として映画界に入る。翌年監督となり、『パッション』(1919)などの歴史劇で国外にも名声をはせる。1923年招かれて渡米。ウィーン上流階級男女の浮気な恋やたくらみを描いた『結婚哲学』(1924)でソフィスティケーションを主調とするコメディを展開、ハリウッド喜劇の発展に大きな影響を与えた。トーキーに入っても斬新(ざんしん)な技法で『ラヴ・パレイド』(1929)、『陽気な中尉さん』(1931)などのオペレッタ映画をジャンルとして確立、他の喜劇でも「ルビッチ・タッチ」とよばれる独自の洗練された映像表現で観客を楽しませた。モーリス・シュバリエをはじめ大スターの持ち味を生かすのがうまく、ディートリヒの『天使』(1937)、クーパーとコルベールの『青髯(あおひげ)八人目の妻』(1938)、ガルボの『ニノチカ』(1939)などがある。[宮本高晴]

資料 監督作品一覧

出世靴屋 Schuhpalast Pinkus(1916)
カルメン Carmen(1918)
呪の眼 Die Augen der Mumie Ma(1918)
男になったら Ich mchte kein Mann sein(1918)
舞踏の花形 Das Mdel vom Ballet(1918)
牡蠣(かき)の王女(花聟探し) Die Austernprinzessin(1919)
パッション Madame Dubarry(1919)
花嫁人形 Die Puppe(1919)
デセプション Anna Boleyn(1920)
白黒姉妹 Kohlhiesels Tchter(1920)
田舎ロメオとジュリエット Romeo und Julia im Schnee(1920)
寵姫(ちょうき)ズムルン Sumurun(1920)
山猫リュシュカ Die Bergkatze(1921)
ファラオの恋 Das Weib des Pharao(1922)
灼熱(しゃくねつ)の情炎(灼熱の情花) Die Flamme(1922)
ロジタ Rosita(1923)
結婚哲学 The Marriage Circle(1924)
三人の女性 Three Women(1924)
禁断の楽園 Forbidden Paradise(1924)
当世女大学 Kiss Me Again(1925)
ウィンダミア夫人の扇 Lady Windermere's Fan(1925)
陽気な巴里(パリ)っ子 So This Is Paris(1926)
思ひ出 The Student Prince in Old Heidelberg(1927)
山の王者 Eternal Love(1929)
ラヴ・パレイド The Love Parade(1929)
パラマウント・オン・パレイド Paramount on Parade(1930)
モンテ・カルロ Monte Carlo(1930)
陽気な中尉さん The Smiling Lieutenant(1931)
私の殺した男 Broken Lullaby(1932)
君とひととき One Hour with You(1932)
極楽特急 Trouble in Paradise(1932)
百萬圓貰ったら If I Had a Million(1932)
生活の設計 Design for Living(1933)
メリィ・ウィドウ The Merry Widow(1934)
天使 Angel(1937)
青髭八人目の妻 Bluebeard's Eighth Wife(1938)
ニノチカ Ninotchka(1939)
桃色(ピンク)の店 The Shop Around the Corner(1940)
淑女超特急 That Uncertain Feeling(1941)
生きるべきか死ぬべきか To Be or Not to Be(1942)
天国は待ってくれる Heaven Can Wait(1943)
ロイヤル・スキャンダル A Royal Scandal(1945)
小間使 Cluny Brown(1946)
あのアーミン毛皮の貴婦人 That Lady in Ermine(1948)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルビッチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルビッチの関連情報

関連キーワード

セントルイス・カージナルスマッケリー内閣総理大臣大本教ウィロビースターマーネフスキーカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件

他サービスで検索

「ルビッチ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation