@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルフェーブル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルフェーブル
Lefebvre, Georges
[生]1874.8.6. ノールリール
[没]1959.8.28. オードセーヌ,ブーローニュビヤンクール
フランスの歴史家。フランドル,パリで教鞭をとるかたわら革命史研究に従事,1924年学位論文フランス革命下のノール県農民』 Les Paysans du Nord pendant la Révolution françaiseを発表。クレルモンフェラン (1924) ,ストラスブール (28) 両大学を経て 35~45年パリ大学教授。 32年「ロベスピエール研究会」の会長。主著に『フランス革命史』 La Révolution française (30) ,『89年』 Quatre-vingt-neuf (39) ,『フランス革命の研究』 Études sur la révolution française (54) があり,複合革命論を展開した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルフェーブル
Lefebvre, Henri
[生]1905.6.16. ランド,アジェモー
[没]1991.6.28. ポー
フランスの哲学者。パリ大学で哲学を修め,1930年代にマルクス主義者となり反ファシズム運動に参加。第2次世界大戦後,国立科学研究所研究員 (1949~61) ,ストラスブール大学社会学教授 (1961~65) ,パリ大学教授 (1965~73) を歴任した。デカルトディドロの研究もあるが,本領はマルクス主義哲学の研究にあり,思想史ばかりでなく美学,社会学の分野でも健筆をふるっている。主『弁証法的唯物論』 Le Matérialisme dialectique (1939) ,『カール・マルクスの思想』 La Pensée de Karl Marx (1947) ,『日常生活批判』 Critique de la vie quotidienne (1958) ,『総和余剰』 La Somme et le Reste (1959) ,『コミューン史』 La Proclamation de la Commune (1965) ,『言語と社会』 Le Langage et la société (1966) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルフェーブル
Lefèvre, Frédéric
[生]1889
[没]1949
フランスの評論家,ジャーナリスト。 1922年以後『ヌーベル・リテレール』誌の編集長として活躍。同誌に連載した『一時間対談』 Une heure avec (7巻,1924~33) のほか,『ポール・バレリーと語る』 Entretiens avec Paul Valéry (26) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルフェーブル
Lefèvre (Le Fèvre), Jean
[生]1396頃.アブビル
[没]1468. ブリュージュ
フランスの年代記作者,紋章学者。サン・レミの領主で,ブルゴーニュフィリップのもとで「金羊毛騎士団」の長をつとめ,のちに公の顧問官となり,各地で対外交渉にあたった。「金羊毛騎士団」の創設に関する記録を中心とした 1408~36年の『年代記』 Chroniqueを著わした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルフェーブル(Georges Lefebvre)
[1874~1959]フランスの歴史学者。フランス革命の社会経済史的側面を実証的に研究し、多くの業績を残した。著「フランス革命」「革命的群衆」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルフェーブル【Georges Lefebvre】
1874‐1959
フランスの歴史家。20世紀におけるフランス革命史研究を代表する。ベルギー国境に近いリールで,商店の雇員の家に生まれ,給費生として同地の大学を出たあと,リセ(高等中学)の教師をしながら研究を続けた。ジョレスの影響を受けて,フランス革命の社会経済的基礎を明らかにするため,故郷ノール県の農業・土地問題と農民運動とに関する史料研究を20余年も続け,1924年に学位論文《フランス革命期におけるノール県の農民》を発表して学界を驚かせた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ルフェーブル【Lefebvre】
Georges L. 1874~1959 フランスの歴史学者。フランス革命の社会経済的基礎を明らかにし、民衆運動の研究を行なった。著「革命的群衆」など。
Henri L. 1901~1991 フランスのマルクス主義哲学者。疎外論とヒューマニズムの哲学を主張し、現代日常生活の批判的研究、都市論で開拓的業績をあげる。著「総和と余剰」「日常生活批判」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルフェーブル
[一] (Georges Lefebvre ジョルジュ━) フランスの歴史学者。フランドルの生まれ。フランス革命史を研究。フランス革命を貴族、ブルジョア、都市民衆、農民による四つの革命の複合と見た。著に「フランス革命」「恐怖政治期の土地問題」「一七八九年の大恐怖」などがある。(一八七四‐一九五九
[二] (Henri Lefebvre アンリ━) フランスの哲学者。マルクス主義の立場から日常生活における疎外を具体的に指摘。構造主義批判や都市空間論などを展開。著書に「日常生活批判」「都市革命」「構造主義をこえて」など。(一九〇五‐九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルフェーブル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルフェーブルの関連情報

関連キーワード

ムソルグスキーおもなお雇い外国人自由民権運動わが祖国島義勇小野梓サイゴン条約スイス台湾出兵ニーベルングの指環

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation