@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルブリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルブリン
Lublin
ポーランド東部,ルベルスキェ県の県都。ワルシャワの南東約 150km,ビストシツァ川沿いに位置する。交通の要地であり,10世紀以前から形成された交易の中心地で,1317年に都市権を獲得。 1569年,ジグムント2世アウグストによるポーランド=リトワ連合を再形成する条約の調印地。 1809~15年ワルシャワ公国に統合され,以後はロシア領「会議王国 (ポーランド王国) 」に属した。 1918年独立ポーランド復活に際し最初の政府が置かれ,第2次世界大戦末期にはポーランド国民解放委員会,のちポーランド人民共和国臨時政府所在地。近代以降は東ポーランドの産業中心地として機械,冶金化学,食品加工,自動車などの大工場が立地中世建造物が多く残る文化都市でもあり,大学,劇場,博物館,交響楽団などがある。人口 35万 7110 (2002) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルブリン(Lublin)
ポーランド東部の都市。中世よりバルト海黒海を結ぶ交易路の中継地として発展。第二次大戦でナチス‐ドイツの猛攻撃を受け、いち早く占領された。1944年には、戦後の同国政府の母体となるルブリン政府が同地で発足。旧市街には市庁舎、市場広場ルブリン城クラクフ門をはじめ、14世紀から17世紀頃の歴史的建造物が数多く残る。また、南東部郊外にはマイダネク強制収容所がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルブリン【Lublin】
ポーランド南東部,同名県の県都。ワルシャワの南東150kmにあり,ワルシャワ以東最大の都市で,経済,行政,文化の中心都市。人口35万2500(1995)。バルト海から黒海に抜ける街道にあり,すぐれた地理的位置から10世紀には早くも商業的性格をもつ集落として繁栄した。11世紀前半ポーランド国家の政治的中心が南部のクラクフに移り,黒海地方やルーシとの交易が盛んになるとともにルブリンの重要性も増大し,発展した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルブリン
るぶりん
Lublin

ポーランド東部、ルブリン県の県都。首都ワルシャワの南東150キロメートルにあり、東部の経済、行政、文化の中心都市。人口35万4026(2001)。バルト海から黒海に抜ける街道筋にあり、10世紀には商業町として栄えた。ポーランド王国がクラクフに首都を移してから繁栄を極め、14~17世紀の往時をしのばせる市場広場、市庁舎、城、教会が多く残り、観光地となっている。現在のポーランド政府は、対独レジスタンス運動が1944年7月22日にルブリンで政府樹立宣言を行ってできたものである。市の西方のビスワ川右岸の地は経済的に後進地域で、ビート、麻、ライムギを中心とする農業地帯となっている。市は第二次世界大戦後、急速に工業化が進み、輸送用機械(オートバイ、タンクローリー車、トラクター)、農業機械、食品加工(食肉、製糖、ビール)などの工業が行われる。高等教育機関、文化施設も多い。

[山本 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルブリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルブリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation