@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルプレヒト

世界大百科事典 第2版

ルプレヒト【Ruprecht】
笞と袋をもち毛皮を身に帯びて,クリスマスまたは聖ニコラウスの日(12月6日)に子どもを訪れるという伝説上の人物。むろんは子どもを罰するため,袋は贈物をするためで,古くは悪鬼のごとくもっぱら子どもを脅かすものであったが,宗教改革ころより厳しさと優しさをあわせもつようになったらしい。地方的異名が多いが一般には〈しもべルプレヒト〉と呼ばれ,ニコラウスの従者である。ただしいわゆるサンタ・クロースと同一視されたり,嬰児イエスの侍者とされることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

20世紀西洋人名事典

ルプレヒト
Ruprecht


1869.5.18 - 1955.8.2
ドイツ国籍。
元・バイエルン王国皇太子。
1914年第6軍司令官を経て、’16年元帥となるが、ドイツ革命の後、廃位著書に、「Reiseerinnerungen aus Ostasien」(’23年)などがある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルプレヒト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルプレヒトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation