@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルメット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルメット
Lumet, Sidney
[生]1924.6.25. ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]2011.4.9. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の映画監督,テレビドラマ・舞台演出家。心理ドラマを得意とし,20世紀後半のアメリカにおける最も偉大な映画監督の一人。ユダヤ系俳優の息子として生まれ,ニューヨークのイディシュ語演劇の舞台で子役としてデビュー。1930年代後半はブロードウェーの舞台に出演した。第2次世界大戦中の兵役を経たのち,芝居の演出を手がけるようになり,1950年テレビドラマの演出家として CBSに入社。1950年代のアメリカのドラマ界で最も有能な演出家の一人に数えられた。映画初監督作品となった『十二人の怒れる男』Twelve Angry Men(1957)では,都会の喧騒,犯罪,複雑な心理的葛藤など,その後の作品で描き続けるテーマへの強いこだわりを示している。『蛇皮の服を着た男』The Fugitive Kind(1960),『未知への飛行』Fail Safe(1964)などの作品で心理ドラマの巨匠としての地位を確立。1960年代後半は軽いドラマ作品も手がけたが,その後は『セルピコ』Serpico(1973),『狼たちの午後』Dog Day Afternoon(1975)など,都会を舞台にした緊迫感あふれる作品に回帰した。テレビの商業主義をみごとに風刺した『ネットワーク』Network(1976)は代表作の一つ。2004年アカデミー賞名誉賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルメット(Sidney Lumet)
[1924~2011]米国の映画監督。陪審員制度を扱った「十二人の怒れる男」で長編映画デビューし、ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。実際の銀行強盗事件に材を取った「狼(おおかみ)たちの午後」や、核の恐怖を描いた「未知への飛行」など、社会問題を題材にした作品を数多く手がけた。他の監督作に「セルピコ」「ネットワーク」「オリエント急行殺人事件」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルメット
るめっと
Sidney Lumet
(1924―2011)
アメリカの映画監督。フィラデルフィアに生まれる。長らく演劇に携わったあと、1950年にCBSテレビのディレクターとなる。1957年映画監督に転じ、殺人事件を裁く陪審員たちの緊迫したディスカッションドラマ『十二人の怒れる男』で衝撃的なデビューを飾る。以後、社会性の強い都会ドラマや舞台劇の映画化を多く手がけ、ニューヨーク派、知性派の代表とみなされるようになった。『夜への長い旅路』(1962)、『質屋』(1964)、『狼(おおかみ)たちの午後』(1975)、『ネットワーク』(1976)、『エクウス』(1977)、『評決』(1982)などの作品がある。[宮本高晴]

資料 監督作品一覧

十二人の怒れる男 12 Angry Man(1957)
女優志願 Stage Struck(1958)
私はそんな女 That Kind of Woman(1959)
蛇皮の服を着た男 The Fugitive Kind(1960)
橋からの眺め A View from the Bridge(1962)
夜への長い旅路 Long Day's Journey into Night(1962)
質屋 The Pawnbroker(1964)
未知への飛行 Fail-Safe(1964)
丘 The Hill(1965)
グループ The Group(1966)
恐怖との遭遇 The Deadly Affair(1966)
グッバイ・ヒーロー Bye Bye Braverman(1968)
約束 The Appointment(1969)
はるかなる南部 Last of the Mobile Hot Shots(1970)
ショーン・コネリー 盗聴作戦 The Anderson Tapes(1971)
怒りの刑事 The Offence(1972)
セルピコ Serpico(1973)
オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express(1974)
狼たちの午後 Dog Day Afternoon(1975)
ネットワーク Network(1976)
エクウス Equus(1977)
ウィズ The Wiz(1978)
プリンス・オブ・シティ Prince of the City(1981)
デストラップ 死の罠 Death Trap(1982)
評決 The Verdict(1982)
ガルボトーク 夢のつづきは夢… Garbo Talks(1984)
キングの報酬 Power(1986)
モーニングアフター The Morning After(1986)
旅立ちの時 Running on Empty(1988)
ファミリービジネス Family Business(1989)
Q&A Q&A(1990)
刑事エデン 追跡者 A Stranger among Us(1992)
ギルティ 罪深き罪 Gulty as Sin(1993)
NY検事局 Night Falls on Manhattan(1996)
グロリア Gloria(1999)
コネクション マフィアたちの法廷 Find Me Guilty(2006)
その土曜日、7時58分 Before the Devil Knows You're Dead(2007)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルメット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルメットの関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

「ルメット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation