@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルリカケス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルリカケス
Garrulus lidthi; Lidth's jay
スズメ目カラス科全長 38cm。全体に光沢のある美しい種で,奄美群島奄美大島加計呂麻島請島にのみ生息する日本の固有種。同群島の徳之島にも観察記録があるが,生息は確認されていない。頭部,風切羽,尾羽は美しい紫色を帯びた瑠璃色で,風切羽も尾羽も先端が白い。雨覆羽は瑠璃色地に黒い横縞が密に入る。額と喉は黒く,喉に細かい白色斑がある。背と胸から腹は赤褐色。は象牙色で,脚は紫褐色。常緑広葉樹林,リュウキュウマツ林などの森林に生息するが,人家周辺など林縁の農耕地にもよく姿を現す。雑食だが,ドングリ(堅果)を好む。巣は木の洞やまたのほか,岩のすきま,建物の天井裏などに木の枝やコケなどを積んでつくる。非繁殖期には数羽から 30羽程度の小群で生活する。20世紀初め頃には羽毛をとるため多数が殺された。近年では森林の伐採によって生息域がせばめられ,個体数が減少している。1921年に国の天然記念物に指定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ルリカケス
奄美大島や近くの加計呂麻島などにだけ生息するカラス科の鳥。1921年に国の天然記念物になったが、マングースによる捕食原生林の伐採で急減した。環境省は93年に「国内希少野生動植物種」に指定したが、マングースの駆除林業衰退により、2008年に解除した。
(2014-01-19 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルリカケス
るりかけす / 瑠璃懸巣
Lidth's jay
[学] Garrulus lidthi

鳥綱スズメ目カラス科の鳥。日本の奄美(あまみ)大島と徳之島にだけ分布する。全長約35センチメートル。頭部と翼と尾が光沢のある濃い瑠璃(るり)色で、他の部分は栗(くり)色。ギャーギャーと鳴き、森林から人里まで広く生息する。天然記念物。

[浦本昌紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルリカケス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルリカケスの関連情報

関連キーワード

プードル[種]プードルビスマルク級戦艦鯨尺コッカー・スパニエルコヨーテノスリヘラサギボウリングカリガネ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation