@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ル・シャプリエ法【ル・シャプリエほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ル・シャプリエ法
ル・シャプリエほう
Loi de Le Chapelier
1791年6月 14日フランスの国民議会で,I.ル・シャプリエ動議によって成立した法令。「同身分,同職業の市民によるあらゆる種類の同業組合 (コルポラシオン) を廃止することはフランス憲法の基本的根底の一つである」とし,「ある職業の市民が,いわゆる共通利害のために結集すること」を禁じた。これは旧来ギルドを廃して営業の自由を保証するために定められたが,同時にこれによって労働者の団結罷業騒擾はきびしく禁止された。同法は 1864年5月のナポレオン3世の団結権譲歩によって一部は緩和されたが,完全に廃止されたのは 84年の結社法 (バルデック=ルソー法) による。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ル・シャプリエ法
るしゃぷりえほう

フランス革命中、1791年6月、国民議会で可決され、労働者の団結禁止を目的とした法。議員で主唱者のル・シャプリエIsaac René Guy Le Chapelier(1754―94)の名でよばれるが、正式には「同一の身分、職業の労働者および職人の集合に関する法」という。すでに廃止されていた同業組合の再建を禁止し、同一の職業の市民が共通の利益のために集合することを禁じているが、これは、各個人の個別的利益、および全体的利益だけの存在を認め、したがって中間的利益を守る中間団体を否定する理念に基づくといわれる。続いて、集会の首謀者、または集会を強要した者には罰金や公民権停止、あるいは禁錮刑を科し、脅迫や暴力を伴う場合は公安を乱すものとして処罰すること、などが定められている。事業主、商店主をも対象としているが、中心は労働者であった。この法は革命後も存続し、フランスで罷業権や結社権が認められたのは、19世紀後半から20世紀初頭にかけてである。

[山上正太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ル・シャプリエ法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ル・シャプリエ法の関連情報

関連キーワード

フランス革命史(年表)総合年表(アメリカ)モーツァルトフイヤン派立法議会フランス史(年表)真珠岩フーイヤン・クラブロワー・カナダ合衆国銀行

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation