@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ルーベンス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルーベンス
Rubens, Peter Paul
[生]1577.6.28. ジーゲン
[没]1640.5.30. アントウェルペン
フランドルの画家,外交官。アントウェルペンの法律家の子。 A.ノールト,O.フェーンについて絵を学んだ。 1598年アントウェルペン画家組合員となり,2年後イタリアに留学,主としてベネチア,ローマに滞在し,ティントレット,レオナルド・ダ・ビンチ,M.カラバッジオの作品を研究。 1600年マントバ公に仕えたが,08年母の死去のため帰国。 09年ブリュッセルのアルベルト大公とイサベラ大公妃の宮廷画家となり,アントウェルペン大聖堂に『十字架立て』 (1611) ,『キリストの降架』 (11~14) を制作。次いでリュクサンブール宮を飾った 21面の連作『マリー・ド・メディシスの生涯』 (22~25,ルーブル美術館) を制作,豪華絢爛なバロック絵画の代表的画家となった。また 21~30年,外交使節として活躍し,ブリュッセル,パリ,マドリード,ロンドンを訪れ,35年にアントウェルペンに定住。彼の作風は感覚的,官能的で,筆触の速い明るい燃えるような色彩で描いた神話画,宗教画,歴史画,肖像画,風俗画,風景画は 2000点をこえる。 (→バロック美術 , フランドル美術 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルーベンス(Peter Paul Rubens)
[1577~1640]フランドルの画家。壮大華麗な画風バロック絵画の代表画家。外交官としても活躍。リューベンス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルーベンス【Peter Paul Rubens】
1577‐1640
フランドルの画家。ドイツ,ウェストファーレン地方のジーゲンSiegen生れ。父はアントウェルペン(アントワープ)出身の法律家で,カルバン派を支持して同地に亡命中であった。父の没後,1589年一家はアントウェルペンに戻る。ルーベンスはラテン語学校に学び,貴族の小姓となるが,画家を志して2人の師匠(その1人は後にヨルダーンスの師となるファン・ノールトAdam van Noort(1562‐1641))を経た後,アントウェルペン屈指のロマニスト,ファン・フェーンOtto Cornelisz.van Veen(1556‐1629)に師事,98年同地の画家組合に加入した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ルーベンス【Peter Paul Rubens】
1577~1640 フランドルの画家。豊麗な色彩、壮大な画風のバロック様式の代表的画家。さまざまな題材を描き、二千点に及ぶ作品を残した。宮廷外交にも活躍。代表作は、壁画「マリ=ド=メディシスの生涯」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルーベンス
るーべんす
Peter Paul Rubens
(1577―1640)
フランドルの画家。17世紀バロック絵画の代表者。ルーベンスは英語、ドイツ語読みで、フランドルではリュベンス。資産家の父が政治上の理由からドイツに逃れていたため、ウェストファリアのジーゲンで1577年6月28日に生まれる。父の死後、10歳のとき母や兄とともに故郷アントウェルペンに戻り、ここでカトリック教徒としての教養を身につけるためラテン語学校に入ったが、3年在籍ののち、ラングレ伯未亡人の小姓となった。しかし、画家としての志向がようやく芽生えてきたのもこのころで、まず91年にウェルヘークトの門に、ついでアダム・ファン・ノールト(1562―1641)、さらにオットー・ファン・ウェーン(1556―1629)のアトリエに入った。独立の画家としてアントウェルペンの画家組合に登録されたのは98年、21歳のときである。
 とはいえ、彼もまた当時の青年画家の例に漏れず、イタリア留学に強い希望をもち、1600年ついに実現した。そして約8年間、おもにマントバやローマにおいて古代美術やルネサンスの巨匠たちを学び、あるいは当時のカラッチ派や新しい自然主義を打ち出したカラバッジョの影響も受けて成熟し、名声もしだいにあがって祭壇画などを描いている。一方、マントバ公の知遇を得て、その使節としてスペインに赴くなど、多彩に充実した生活であった。08年の秋、母の病気の知らせでイタリアを離れた。母の死にはまにあわなかったが、彼の力量はすでによく知られ、フランドル第一の画家として故国に迎えられた。翌年、総督アルベルト公の宮廷画家となり、同年秋、名門の娘イサベラ・ブラントと結婚。それ以後は日ごとに高まる名声と多くの弟子に囲まれて、ルーベンス独特の豊麗・壮大な芸術を展開させていった。
 彼は歴史画・宗教画をはじめ、あらゆるジャンルを題材としている。しかも、どのような主題を描こうと、そこに生の喜びがあふれ、豊潤と壮麗が一大シンフォニーを奏でている。そのような彼の最大のモニュメントは、1621~25年にパリのリュクサンブール宮殿大広間のために描いた21面の大壁画『マリ・ド・メディシスの生涯』(現ルーブル美術館)である。ここにはルーベンス芸術のすべての特質が、そしてバロック絵画の集大成がみいだされよう。その後、彼の多彩な芸術活動はいよいよ円熟し、一方、外交官としても活躍し、その芸術と人柄の豊かさ、温かさによって、ヨーロッパ各国の王侯から多大の尊敬と愛顧を得た。26年には妻に先だたれたが、30年末には若く健康で美しいエレーネ・フールマンとの再婚に恵まれ、晩年の10年間は痛風に悩まされたとはいえ、おそらく歴史上もっとも恵まれた画家として、幸福に満ち足りた生涯を送った。40年5月30日アントウェルペンに没。[嘉門安雄]
『ボードワン著、黒江光彦他訳『ルーベンス』(1978・岩波書店) ▽嘉門安雄解説『大系世界の美術16 フランドルの絵画』(1972・学習研究社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ルーベンス
生年月日:1865年3月30日
ドイツの実験物理学者
1922年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルーベンス
(Peter Paul Rubens ペーテル=パウル━) フランドルの画家。北方バロックの代表的画家で、イタリア絵画とフランドル絵画の伝統を基礎に、大胆な明暗表現と生命感にあふれ躍動する人体表現によって、バロック絵画の一頂点を築いた。(一五七七‐一六四〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルーベンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルーベンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation