@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レイアウト【れいあうと】

デジタル大辞泉

レイアウト(layout)
[名](スル)
配置。配列。
印刷で、紙面の仕上がりの形を考えて、文字・図・写真などを所定の範囲内に効果的に配置すること。割り付け。「ページレイアウト
洋裁で、布地の上に型紙を配列して裁断を見積もること。
建築で、建物の配置、あるいは内部の部屋などの配置を決めること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

レイアウト【layout】
新聞、雑誌の広告は、広告メッセージを伝達するのに必要な、コピーの活字、絵、図案、写真、商標、記号など各種の視覚的要素か構成されている。広告のかぎられた一定のスペースのなかに、これらの構成要素をもっとも効果的に配置し、定着させる作業をレイアウトという。小売業では、マーチャンダイザーの商品政策、品揃え方針にもとづきどの売場にどの商品をどのようなコンセプトで配置すべきかを検討し、作成したものをレイアウトといっている。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

レイアウト【layout】
スル
空間や平面に目的物の構成要素を配列すること。配列。配置。
印刷物の紙面の割り付け。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レイアウト
layout
決められた空間のなかに目的に合せてものを効果的に配置すること,およびその技術をいう。 (1) 本来の意味は庭園,建築などの全体の構成配置の設計プランをいう。 (2) 新聞,雑誌などの割付け紙面のまとめ。 (3) グラフィック・デザインでは宣伝広告,編集出版における意思伝達の手段として各種要素を限られたスペースのなかに美的,効果的に配置すること,またその技術をいう。 (4) 工場計画では製品を望ましい費用,品質,数量,時間で生産するため,工場の生産要素を経済的,技術的に調査,検討し,最適な組合せの計画,決定および設計をすること。特に機械,動力・付帯設備,作業者の配置や作業場所,運搬方法の決定などを中心にして,その実施に際しては能率性の観点から移動距離の最小化,材料・製品の流れの最適化,スペースの有効利用,将来の生産計画の変更に対する配慮,安全性の確保,費用の最小化などが重要な基準になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

レイアウト
れいあうと
layout
地取り、配置、割付けなどと訳される。デザイン活動一般においては、特定の平面上に構成要素の個々を美的かつ効果的に配列し配置するという行為を意味する。建築設計、造園設計、インテリア・デザイン、ディスプレー・デザインなどの領域において用いられる際のレイアウトという概念は、おおむねこれにあたる。グラフィック・デザインにおいては、レイアウトという作業が、その中枢をなす。グラフィック・デザインのレイアウト作業は、特定の紙面上に、文字群と画像群とを、完成時の仕上がりを想定しつつ美的かつ効果的に配置することである。具体的には、各種の図版原稿の配列を考え、大小関係を勘案しつつ個々の位置関係を定め、見出し、小見出し、本文などの文字の大小関係や位置関係をも定めてゆく。その際、全体的に有機的な連関を形づくるよう配慮することも不可欠である。レイアウトでは、タイポグラフィやイラストレーションに関する理解力が必須(ひっす)であるが、また、版下、製版、印刷、製本、断截(だんさい)などについての技術的知識も看過しえない。[武井邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レイアウト
〘名〙 (layout)
① 新聞・雑誌・書籍などの印刷原稿を作製する際やポスター・広告・コンピュータ上の画像などのデザインで、写真、挿し絵、文字群、見出しなどを一定のスペース内に適宜配置すること。割り付け。
※造本と印刷(1948)〈山岡勤七〉五「いわゆるワリツケ(レイアウトともゆう)を作って」
② 一般に、さまざまの物を効果的に設計・配置すること。室内の家具、敷地内の建物、ゴルフのコースなど。
③ 洋裁で、布地の上に型紙を配列して裁断を見積もること。
④ 跳躍競技、体操競技などで、身体を横に倒すようにすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイアウト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レイアウトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation