@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レイテ沖海戦【レイテオキカイセン】

デジタル大辞泉

レイテおき‐かいせん【レイテ沖海戦】
太平洋戦争末期の昭和19(1944)10月23日から26日にかけて、フィリピン周辺の海域で日米両海軍の機動部隊が繰り広げた大規模な戦闘。日本は米軍レイテ島上陸阻止を試みたが、壊滅的な敗北を喫し、連合艦隊は組織的な作戦能力を失った。比島沖海戦フィリピン沖海戦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

レイテ沖海戦
れいておきかいせん

太平洋戦争末期、1944年(昭和19)10月23~26日、フィリピン周辺において行われた日米海戦。同年10月18日、多数の米輸送船団がフィリピン、ルソン島のレイテ湾に進入、米軍の本格的上陸が予想されたため、大本営は決戦計画「捷(しょう)1号作戦」(フィリピン方面決戦)の発動を決定した。これに基づき、小沢治三郎中将の指揮する機動部隊(空母四隻を基幹)は米機動部隊の牽制(けんせい)を目的としてルソン島東方海域に進出し米軍と交戦、さらに栗田(くりた)部隊〔指揮官栗田健男(たけお)中将、戦艦五隻を基幹〕、西村部隊〔指揮官西村祥治(しょうじ)中将、戦艦二隻を基幹〕、志摩部隊〔指揮官志摩清英(きよひで)中将、重巡二隻を基幹〕が三方面からレイテへの突入を図ったが、米軍の反撃に直面して作戦は失敗に終わった。この一連の戦闘で、米軍の損害は小型空母三隻、その他三隻沈没にとどまったのに対し、日本側は武蔵(むさし)を含む戦艦三隻、空母四隻、その他の艦艇多数が沈没し、人員約1万を失い、連合艦隊は事実上、壊滅した。

[吉田 裕]

『吉田俊雄・半藤一利著『レイテ沖海戦』上下(1984・朝日ソノラマ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイテ沖海戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レイテ沖海戦の関連情報

関連キーワード

東欧史(年表)コレマツ対アメリカ合衆国裁判カミュレジスタンス文学もの派スタージェス朝鮮人強制連行問題ジャン中国白書鶴沢道八(1世)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation