@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レイモン3世【レイモンさんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レイモン3世
レイモンさんせい
Raymond III
[生]1140頃
[没]1187.7. レバノン,トリポリ
フランクの騎士,十字軍国家トリポリ伯領の統治者 (在位 1152~87) 。 1152年暗殺された父レイモン2世の跡を継いでトリポリ伯となり,74年幼少のボードアン4世がエルサレム王位につくと,そのいとこの子の資格で摂政となった。王の成人後一時追放されたが,増大するイスラム軍脅威の前で,再び,83年即位した幼君ボードアン5世の摂政となった。 86年ボードアン5世が死ぬとその母シビルと夫ギイが,取決めに反して王位を簒奪したのでレイモンは妻の要塞のあるガリラヤに退いた。 87年戦傷を負い,トリポリに引退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイモン3世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レイモン3世の関連情報

関連キーワード

グレゴリウス8世グレゴリウス8世みなみまぐろ保存委員会藤原家通ウルバヌス3世クレメンス3世犯罪の増加(ロシアの)保育ママ保育所の施設基準と保育ママ事業四日市ぜんそく

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation