@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レイモン7世【レイモンななせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レイモン7世
レイモンななせい
Raymond VII, Comte de Toulouse
[生]1197.7. ボーケール
[没]1249.9.27. ミロー
中世初期から続いた南フランス最大の君侯ツールーズ伯家最後の伯 (在位 1222~49) 。アルビジョア十字軍の過程で所領の大半を失った父レイモン6世とともに,陣容を立直して抵抗を続け旧領の大部分を奪回した。 1222年父の急死後,ツールーズを継いだ。 26年異端のカタリ派弾圧に失敗し,破門を受けた。次いでフランス王ルイ8世の攻撃を受けて苦境に立ち,29年パリ和約で公式に異端幇助の罪を痛悔して旧領の大部分を一代限り領有することを認められた。彼の死後,所領は娘ジャンヌの夫となった国王ルイ9世の弟アルフォンス・ド・ポアティエに帰した。夫婦の死後,所領はフランス王領となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイモン7世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レイモン7世の関連情報

関連キーワード

ハインリヒ[6世]小犬丸保スチルベン李承晩ライン若の里三侠五義スチルベン東シナ海4Kテレビ・8Kテレビ昭和天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation