@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レオ(1世)【れお】

日本大百科全書(ニッポニカ)

レオ(1世)
れお
Leo Ⅰ
(400ころ―461)

ローマ教皇(在位440~461)、聖人、教会博士。ローマで教育を受け、若年の身で聖職者になる。430年ごろに助祭となり、440年に教皇に選出された。ペラギウスらの異端と争い、キリスト単性説を排し、第4回カルケドン公会議(451)において、「唯一の神の御子(おんこ)イエス・キリストが、真の完全な神であるとともに真の完全な人間でもあること」を主張して教会の一致の土台と政治権力からの独立を強調、その後の中世教会の立場を確立した。災難、争い、暴力、陰謀のうちにあって、彼の姿は、荘厳な柱のようにそびえ立っていたといわれる。彼はまた「つねに中道を進んでいる」人として教会統治にあたった。

[朝倉文市 2017年12月12日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

レオ(1世)
LeoⅠ
390(または400)ごろ〜461
ローマ教皇(在位440〜461)
451年にカルケドン公会議を召集し,単性説を異端として糾弾し,ローマ教皇の優越的地位を高めた。また,452年フン族のアッティラの攻撃や,ヴァンダル王ガイセリックの略奪からローマを守るなど,聖俗にわたり活躍。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レオ(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レオ(1世)の関連情報

関連キーワード

マヨリアヌス略式命令レオレオ[1世]レオ1世ヒラリウス標準音リビウス・セウェルス違法配当

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation