@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レシチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レシチン
lecithin
ホスファチジルコリンともいう。脳,神経,血球,卵黄,ダイズなど,動植物界に広く分布するリン脂質。エーテル,アルコールに可溶,アセトンに難溶,水にはミセルをつくって溶け,両性イオンとして界面活性を示す。ホスホリパーゼによって加水分解されるが,加水分解される場所はホスホリパーゼの種類によって異なる。蛇毒のホスホリパーゼAは1分子の脂肪酸だけを加水分解して除き,溶血作用のあるリゾレシチンを生じる。レシチンは乳化作用が大きいので,食品,医薬の乳化剤として使用される。 (→ホスファチジン酸 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レシチン(lecithin)
代表的な燐脂質(りんししつ)の一。界面活性をもつ。生体膜などの構成成分として動植物に広く分布し、特に脳・神経・卵黄や大豆・酵母などに多い。ホスファチジルコリン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

レシチン

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

レシチン
コレステロールをはじめとする脂質代謝(たいしゃ)や、細胞膜(さいぼうまく)の生成に欠かせない物質で、脂質の一種です。
 マヨネーズの材料にも使われているように、レシチンには水分と油を結びつける、強い乳化作用があります。この作用によって、余分なコレステロールを引きつけ、血管の中を掃除して、動脈硬化(どうみゃくこうか)の予防・改善に効果を発揮します。
 また、血栓(けっせん)を溶かして血液の流れをスムーズにする作用をはじめ、肝臓への過剰な脂肪沈着を防いで、脂肪肝(しぼうかん)や肝硬変(かんこうへん)を予防する、脂質の代謝を促進して肥満を防止する、ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性物質の吸収を助けるといった働きもあり、生活習慣病の予防に有効です。
 さらに、神経伝達物質のアセチルコリンを生成することから、老化による記憶力の減退や認知症、アルツハイマー病の予防、学習能力の向上などにも、効果があるのではないかと期待されています。
 また、老化を防止し、肌をみずみずしく保つ働きもあります。
 レシチンは、ダイズやとうふなどのダイズ加工食品、卵黄(らんおう)、ピーナッツ、酵母などに多く含まれています。また、レシチンの材料となるコリンを豊富に含んだ、緑黄色野菜やレバー類を食べるのも、間接的ではありますがレシチン摂取の有効手段です。
 ちなみに、単純に含有量からみた場合、レシチンをもっとも多く含む食品は卵黄です。
 しかし、卵黄はコレステロールを非常に多く含むのが難点。コレステロールが気になる人は、ダイズやダイズ加工食品からの摂取を考えたほうがいいでしょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

レシチン【lecithin】
リン脂質の一種。細胞膜などの生体膜・脳神経・神経組織の構成成分。うなぎ、レバー、豆製品、野菜類、卵黄、酵母、カビ類、ゴマ油などに多く含まれる。脳内の神経伝達物質の合成に重要な役割をもち、脳の機能を活性化して記憶力や集中力を高め、老人性痴呆症を予防する働きをもつほか、血管壁に付着したコレステロールを溶かして動脈硬化の抑制、血管の正常化維持、肝臓・腎臓の解毒作用、脂質の代謝を促進する物質を生成して肥満の予防・改善などに効果があるとされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れしちん【レシチン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

レシチン【lecithin】
グリセロリン酸を骨格としてもつリン脂質。生体膜の主要構成成分で、動物・植物・酵母・カビ類に広く分布している。食料品や医薬品のマイクロカプセル剤として利用。ホスファチジルコリン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

レシチン
れしちん
lecithin
代表的なリン脂質の一種で、ホスファチジン酸のリン酸基にコリンがエステル結合したもの。科学名はホスファチジルコリン。動植物中で量的にもっとも多いリン脂質で、脳、神経、血球、卵黄、豆胚乳(はいにゅう)などの組織に多く含まれるが、細菌にはほとんどみいだされない。
 哺乳(ほにゅう)動物ではレシチンは、リン脂質二重膜の内側よりも外側に多く分布し、両者あわせると全リン脂質の半分近くを占め、とくに肝臓や肺に多い。
 レシチンを構成する脂肪酸のうち主要なものは、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、アラキドン酸などである。通常、グリセリンの1位に飽和脂肪酸、2位に不飽和脂肪酸を含む構造を有し、生体膜や血清リポタンパク質の構成成分として重要である。2位のアラキドン酸はエイコサノイド(プロスタグランジンなど)の前駆体である。大豆に含まれる1、2位ともリノール酸からなるレシチンは、血清コレステロール代謝改善効果を有する。肺胞膜中の1、2位ともパルミチン酸からなるレシチンは、界面活性能が強く、肺胞の虚脱(癒着)を防止する。一般に両性イオン界面活性をもつので、大豆から多量に得られるレシチンは、食品や薬品の乳化剤に利用される。リン脂質(おもにレシチン)の摂取量は1日当り2グラム程度である。
 レシチンはホスホリパーゼ(フォスフォリパーゼ)とよぶ酵素(レシチナーゼともいう)によってエステル結合を加水分解されるが、加水分解するエステル結合の位置によって酵素が分類されている。その酵素のうち蛇毒や細菌毒素に含まれるホスホリパーゼA2は、レシチンを加水分解してリゾレシチンを生ずるが、これには細胞を破壊したり赤血球を溶血する作用がある。[菅野道廣・若木高善]
『松木康夫著『松木康夫の大豆レシチン健康法』(1988・ベスト出版、日東書院発売) ▽渡辺隆夫著『食品開発と界面活性剤――その基礎と応用』(1990・光琳) ▽江本綾子著『知られざるレシチン健康法』(1993・文化創作出版) ▽北原文雄著『界面活性剤の話』(1997・東京化学同人) ▽松木康夫監修『大豆レシチン――食べるだけで現代病がみるみるよくなる』(1998・日東書院) ▽永山久夫著『縄文文化の復権――わたしたちは何を食べてきたのか』(1999・作陽学園出版部、れんが書房新社発売) ▽糸川秀治監修、広海輝明著『秘薬 ウコンで肝臓革命』(1999・駿台曜曜社) ▽帯津良一著『大豆の凄い薬効』(2000・宙出版) ▽福生吉裕著『大豆レシチン物語り』(2000・日本医療企画) ▽亀和田光男監修『食品素材の開発』(2001・シーエムシー)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レシチン
〘名〙 (Lecithin) 燐脂質(りんししつ)の一つ。生体膜などの構成成分として動植物に広く分布し、特に、動物の脳・神経・卵黄や、植物の種子などに多量に含まれている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

レシチン
レシチン
lecithin

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レシチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レシチンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation