@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レジスタンス運動【れじすたんすうんどう】

知恵蔵

レジスタンス運動
従来、ウエートトレーニングで使用するバーベルやマシンなどのほか、適当な重量物や水、エキスパンダーやゴムチューブなどを抵抗として利用する運動の総称。水の抵抗を利用するものを水中レジスタンス運動と呼ぶ。レジスタンス運動に共通する体への効果は、体たんぱく質合成の活発化。たんぱく質は筋肉組織をつくり、筋肉の酸素貯蔵体のミオグロビンや、赤血球に含まれる酸素運搬体のヘモグロビン、筋肉のエネルギー代謝を担う酵素たんぱく質をつくっている。スポーツ選手の場合、ハードトレーニングで筋肉組織が損傷し、それによって筋肉のミオグロビンが血中に漏出して減少し、赤血球が破壊されてヘモグロビンが失われるので、それらの補修や補充を促す軽レジスタンス運動(2〜5kgのダンベルなどを使用)が有効。
(鈴木正成 早稲田大学スポーツ科学学術院特任教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

旺文社世界史事典 三訂版

レジスタンス運動
レジスタンスうんどう
Mouvement de Résistance
一般には圧政的政府や占領軍に対する人民の抵抗運動を意味するが,歴史上は第二次世界大戦中におけるフランス人民の対ドイツ抵抗運動
フランスでは1940年6月の降伏後,ナチス−ドイツ占領軍とヴィシー政府のファッショ的支配が始まり,数百万の青年男女を強制労働者としてドイツへ連れ去ったことで急速に抵抗運動が盛り上がった。学生・労働者・知識人らが対ドイツ非協力,鉄道軍事施設の破壊などを行い,1943年には連合軍の対ドイツ反攻にはげまされて共産党・社会党その他の政党,労働総同盟などの労働組織が統一して全国抵抗評議会が結成され,マキ団などの武装蜂起を中心に運動を続け,ついにフランス解放に成功した。なおイタリアや東ヨーロッパ諸国でも,ファシズム支配に対する抵抗運動が行われた。イタリアでは1942年ごろから反ファシスト運動が動きだして広汎な共同戦線が結成され,43年9月の降伏後は武装パルチザンが反ドイツ活動を行い,イタリアの解放に尽くした。また,ポーランド・チェコスロヴァキア・ソ連・ユーゴスラヴィア・ギリシア・オランダノルウェーなどのドイツ占領地域でも,さまざまな抵抗運動が行われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レジスタンス‐うんどう【レジスタンス運動】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レジスタンス運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レジスタンス運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation