@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レストン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レストン
Reston, James Barrett
[生]1909.11.3. スコットランドダンバートンシャークライドバンク
[没]1995.12.6. アメリカ,ワシントンD.C.
スコットランド生れのアメリカのジャーナリスト。『ニューヨーク・タイムズ』紙の名コラムニストで社宝といわれた。 1920年アメリカに移住。 32年イリノイ州立大学を卒業し,34年 AP通信に入社した。 39年『ニューヨーク・タイムズ』紙に移り,53年ワシントン支局長,64年編集局次長,68年編集長を経て,69年副社長となる。ダンバートンオークス会談 (→ダンバートンオークス提案 ) の報道やワシントン D.C.における報道活動によってピュリッツァー賞を2度受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レストン【James Barrett Reston】
1909‐95
アメリカのジャーナリスト。スコットランドのグラスゴー近郊で生まれたが,11歳のとき家族とともにアメリカに移住した。1932年イリノイ大学を卒業後,オハイオ州でジャーナリズム関係の仕事につくが,34年AP通信社に入社。ロンドン支局勤務を経て,39年には《ニューヨーク・タイムズ》に移る。ロンドン支局長の時代に,イギリス市民の平静な戦中生活に感銘を受け,41年ワシントン支局(1946年支局長)に移ると,戦時情報局(QWI)の設置に協力した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

レストン
れすとん
James Barrett Reston
(1909―1995)
アメリカのジャーナリスト。スコットランド生まれ。10歳のときアメリカに移住。1932年イリノイ大学卒業後、オハイオ州の地方紙で記者生活をスタート。1934年からAP通信のスポーツ記者、ロンドン支局員を経て、1939年以後『ニューヨーク・タイムズ』紙の政治記者として活躍する。1945年、1957年の二度ピュリッツァー賞を受賞。ワシントン支局長(1953)、主筆(1968)、編集担当副社長(1969)を歴任し、1973年から政治コラムニストとして週1回『ニューヨーク・タイムズ』紙に執筆、その評論は大きな影響力をもった。『うたかたの記』『新聞と政治の対決』(ともに1967)などの著書がある。[鈴木ケイ]
『名倉礼子訳『新聞と政治の対決』(1967・鹿島研究所出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

レストン
生年月日:1909年11月3日
スコットランド生まれのアメリカのジャーナリスト
1995年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レストン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レストンの関連情報

関連キーワード

牧野省三[各個指定]工芸技術部門シェーンベルク伊藤博文グリフィススバル安井息軒(やすいそくけん)マッキム・ミード&ホワイトレオポルド2世ピーター・ドラッカー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation