@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レセダ

日本大百科全書(ニッポニカ)

レセダ
れせだ
[学]Reseda odora L.
モクセイソウ科の一年草。株元から多数分枝して叢生(そうせい)し、高さ約30センチメートルに達する。初夏のころ、小さな黄白色花を短穂状につける。雄しべの葯(やく)は黄金色で目だつ。よい香りがするので、モクセイソウ(木犀草)の名がある。北アフリカ原産。9月中旬~下旬、育苗用ポリポットに数粒播種(はしゅ)し、発芽後、間引いて1本残す。耐寒性が弱いのでフレームや温室で越冬させ、4月初め、日当り、排水のよい花壇に定植する。[山口美智子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レセダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レセダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation