@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レダ
Leda
ギリシア神話の女性。アイトリア王テスティオスの娘であるが,実の父は,母がテスティオスと結婚する前に交情をもった,シシュフォスの息子のグラウコスであったとする所伝もある。スパルタ王テュンダレオスの妻となったが,白鳥に変身して彼女に近づいたゼウスの愛を受けて2個の卵を産み,それからディオスクロイカストルとポリュデウケスヘレネクリュタイムネストラとの男女2人ずつの子が生れた。このうちヘレネとポリュデウケスはゼウス,クリュタイムネストラとカストルはテュンダレオスによる子であったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レダ(Lēdā)
ギリシャ神話で、スパルタ王テュンダレオスの妻。白鳥に身を変えたゼウスと交わって卵を産み、それからヘレネ・ポリュデウケス・カストル・クリュタイムネストラの四子が生まれたという。
(Leda)木星の第13衛星で、すべての衛星のうち10番目に木星に近い軌道を回る。1974年に発見。名はに由来。非球形で平均直径は約20キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

レダ
バラの園芸品種名。半つる性で中の花をつける。白色花弁の先に紅色が残る花色が特徴。一季咲き。作出国はイギリスギリシア神話で大神ゼウスが見初めたスパルタ王妃の名にちなむ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レダ【Lēda】
ギリシア神話で,スパルタ王テュンダレオスTyndareōsの。2女ヘレネクリュタイムネストラと2男ポリュデウケス,カストルの母。白鳥の姿に変じて言い寄ったゼウスと交わったあと,夫とも同衾したレダは,1個または2個の卵を産み,その卵からゼウスの種としてヘレネとポリュデウケスが,テュンダレオスの種としてクリュタイムネストラとカストルが生まれたという。ただし,カストルの父親もゼウスである(ポリュデウケスとカストルの2人は一般にディオスクロイ(ゼウスの息子たち)と呼ばれる)とか,クリュタイムネストラだけは普通に生まれたとか,またヘレネの実の母親は復讐の女神ネメシスで,鵞鳥の姿に変じた彼女が白鳥姿のゼウスと交わって卵を産み,それをレダがかえして,生まれたヘレネをみずからの娘として育てたとかの異伝が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

レダ【Lēdā】
ギリシャ神話中の女性。白鳥に姿を変えたゼウスと交わって卵を産み、その卵からポリュデウケスとヘレネが生まれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

レダ
れだ
Leda
ギリシア神話に登場する女性。アイトリア地方の王テスティオスの娘で、ヘレネの母。スパルタ王ティンダレオスは、祖国を追われてテスティオスのもとに身を寄せるが、そこで戦功をたててレダを妻にもらい受け、帰国する。しかし、白鳥に変身したゼウスが彼女に通じたその同じ夜に彼も交わったため、彼女は神の血を引くポリデウケスとヘレネ、人間の血を引くカストルとクリタイムネストラを生んだ。異伝では、鵞鳥(がちょう)に変じたネメシスと白鳥姿のゼウスの間に生まれた卵をレダが預り、そこから孵化(ふか)したヘレネを自分の娘にしたともいう。さらに、白鳥(ゼウス)の愛を受けたレダ自身が卵を生んだという説もある。[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レダ
(Lēda) ギリシア神話中のマイトリアの王女。スパルタ王テュンダレオスの妻。白鳥の姿に化して近づいたゼウスと交って生んだ卵からヘレネ、ポリュデウケス、クリュタイムネストラ、カストルが生まれたという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation