@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レト
Lētō
ギリシア神話の女神。ティタン神族のコイオスフォイベの娘。ゼウスの子をはらんだが,ゼウスの妻ヘラ嫉妬によってお産の場所を見つけることができず,世界中をさまよったあげく,ようやくデロス島で9日9夜の間陣痛に苦しんだ末に,双子の兄妹アポロンアルテミスを生んだ。デロス島はそれまで浮島であったが,彼女にお産の場所を提供した功績により,海底につながれ,かつデルフォイと並ぶアポロン崇拝の聖地とされることになったといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レト(Lētō)
ギリシャ神話の女神。ゼウスに愛されてアポロンアルテミスを生んだ。ローマ神話ではラトナ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レト【Lētō】
ギリシア神話で,双子神アポロン,アルテミスの母神。ローマ神話のラトナLatonaにあたる。彼女はティタン神族のコイオスKoiosとフォイベPhoibēの娘で,ゼウスに愛されて双子神を懐妊したが,すべての陸地がゼウスの妃ヘラの怒りを恐れてお産の場所を提供しなかったため,レトはかろうじてオルテュギアOrtygia(〈うずらの里〉の)と呼ばれた浮き島で両神を産み落とした。以来,この浮き島は海底に根を張った〈輝く島〉デロス島となり,アポロン,アルテミスの聖地として尊ばれることになったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

レト【Lētō】
ギリシャ神話の女神。ゼウスに愛され身ごもったが、すべての陸地がゼウスの妃ヘラの怒りを恐れて出産の場を提供しなかったためさまよい続け、デロス島に迎えられてアポロンとアルテミスを産んだ。レートー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

レト
れと
Leto
ギリシア神話の女神。ティタン神コイオスとフォイベの娘で、アポロンとアルテミスの母。彼女はゼウスの愛を受けて身ごもるが、これに嫉妬(しっと)したヘラがすべての国や島に産の場所を提供することを禁じたうえ、エイレイテイア(助産の女神)をも隠してしまう。困ったレトは世界をさまよったすえ、当時まだ浮き島であったデロス島にやっと受け入れられるが、そこで9日9夜苦しむ。同情した女神たちはヘラの目を盗んでエイレイテイアを派遣し、レトはナツメヤシの木に取りすがってやっと双子神を産むことができた。彼女はこのお礼に、デロスをアポロンの愛する島とした。本来レトは小アジアの豊穣(ほうじょう)女神であったかと考えられている。[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation