@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レバノン国民協約【レバノンこくみんきょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レバノン国民協約
レバノンこくみんきょうやく
1943年,レバノンの初代大統領となるマロン派のビシャラ・アルフリと初代首相スンニー派のリヤド・スーフ間で交わされた独立後のレバノンに関する合意。マロン派は外国勢力に依存しないこと,スンニー派はレバノンをアラブイスラム国家の一部にしようとしないこと,レバノンは特別なアイデンティティを保持しながらアラブの顔を持つことなどを取決めた。また,32年フランスの委任統治時代に行われた国勢調査に基づいて,議員比率をキリスト教徒6に対しイスラム教徒5と配分し,大統領をマロン派,首相をスンニー派,国会議長をシーア派から選出するという不文律も作った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レバノン国民協約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レバノン国民協約の関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広アントニー ビーバー第2次世界大戦ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation