@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レビ人【レビびと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レビ人
レビびと
Levites
ヤコブの第3子レビ子孫イスラエルの 12支族の一つ。本来神に奉仕すべきイスラエルの民が金の子牛の偶像を拝んでいたとき,レビ人は神の言葉に対してきわめて忠実であったため祝福を与えられ (出エジプト記 32・25~29) ,祭司族となったが (申命記 18・1) ,なかでもアムラムとヨケベデの子,モーセの兄アロン家系レビ族のうちでも最も指導的な地位を与えられた (民数記3・6~10,18・1~7,歴代志上 23・13) 。しかしバビロン捕囚期以降,祭司階級は,大祭司,祭司,レビ人の3階級に分かれ,「レビ人」は下級祭司をさすようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レビ‐じん【レビ人】
《「レビびと」とも》古代イスラエルの族長ヤコブの子レビをとする、古代ユダヤ教の祭司一族。レビ族。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レビびと【レビ人 Levite(s)】
古代イスラエルのヤハウェ宗教のにない手。その歴史ははっきりしないところがあるが,モーセ指導下のヤハウェの契約団体の樹立以後,ヤハウェ主義の普及に携わる集団を形成し,王国時代には,地方の聖所の儀礼と宗教法の伝統を基盤として,民衆の日常生活を指導して倫理の合理化につとめ,預言者の発言の素地を作り,また申命記法を準備したと考えられる。《申命記》ではレビ人がヤハウェ宗教の正統的宗教指導者として重んぜられているが,ヨシヤ王の改革が地方の聖所の祭儀をエルサレムに集中したために,彼らは祭司に従属する職に組み込まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

レビ人
れびじん
lewīyyīm ヘブライ語

「レビびと」ともいう。古代ユダヤ教の祭司一族。元来は古代イスラエル12部族の一つであったらしい。しだいに古代イスラエルの宗教的伝統を担い伝える門閥を形成し、さらに、ヨシヤの宗教改革(前620ころ)などをきっかけとして、下級祭司層をなすに至った。イエスの時代には神殿直属の祭儀執行官吏であったらしく、レビ人の愛の欠除した形式主義がイエスによって批判されている(「ルカ伝福音(ふくいん)書」10章32節)。レビ人の名祖はイスラエルの父祖の1人ヤコブの息子レビであり、モーセもレビの出とされる。なお『旧約聖書』には、祭儀規定を記す「レビ記」がある。

[月本昭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レビ人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レビ人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation