@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レピドデンドロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レピドデンドロン
Lepidodendron
シダ植物小葉植物亜門無舌綱古生ヒカゲノカズラ目の化石属。石炭紀地層に産する。現生のヒカゲノカズラは矮小な草本であるが,これは巨大な木本性で,二次組織が発達しており,10m以上の高さとなり,大きいものでは 40mにも達した。茎幹は長く伸び,枝はないが頂上で分岐し,そこから花穂状をした胞子葉が密生する。芽胞嚢は現生ヒカゲノカズラ属やイワヒバ属とは異なり,横に長く,下面が柄条に着生する。葉は線形。古い幹や枝には葉の脱落した跡(葉枕)が菱形をし,整然と配列している。この形が魚鱗に似ているので鱗木の名がある。この類の根だけの化石に対しスティグマリアの名がつけられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れぴどでんどろん【レピドデンドロン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

レピドデンドロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レピドデンドロンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation