@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レフラー

世界大百科事典 第2版

レフラー【Friedrich August Johannes Löffler】
1852‐1915
ドイツの細菌学者。フランクフルトアン・デル・オーデルに生まれ,ビュルツブルク大学で医学を学ぶ。1874年に医学の学位を取り,ベルリンのシャリティ病院に勤務したが,76年,衛生士官に任ぜられ,軍医となり,79年には帝国保健省に入り,R.コッホの指導のもとに細菌学の研究に従事した。ここで鼻疽病原菌の発見(1883),ジフテリア菌純粋培養(1884)などの業績をあげ,さらに89年にはフロッシュPaul Frosch(1860‐1928)とともにウシ口蹄疫から病原ウイルスを分離した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

レフラー
れふらー
Friedrich August Johannes Löffler
(1852―1915)

ドイツの細菌学者。ウュルツブルク大学を卒業、学位取得後、病院勤務、軍医を経て、1879年国立衛生院に入り、コッホの門下になった。1882年、馬鼻疽(びそ)菌を発見、1884年ジフテリア菌の純培養に成功して、すでに患者材料中に認められていたクレプスの桿菌(かんきん)を病原菌と決定した。1897年フロッシュPaul Frosch(1860―1928)と共同でウシの口蹄疫(こうていえき)の病原は一種のウイルスであると発表、動物ウイルスの最初の報告である。日本の緒方正規(おがたまさのり)は、ドイツ留学の際にコッホがエジプト、インドに旅行中のためレフラーに師事して細菌学技術を習得した。また同じくドイツに留学した北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)はまずレフラーに面接してコッホの門下生となった。1910年コッホの死後、国立伝染病研究所(1891年開設)はコッホ伝染病研究所と改名され、レフラーは所長に就任した。

[藤野恒三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レフラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レフラーの関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球マクドナルド日本の医学史(年表)ノット(速さの単位)ブンゼンマクドナルド

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation