@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レンゲツツジ

世界大百科事典 第2版

れんげつつじ【レンゲツツジ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

レンゲツツジ
れんげつつじ / 蓮華躑躅
[学] Rhododendron japonicum (A. Gray) Suringer

ツツジ科の落葉低木。高さ1~2メートル。枝は車輪状に分枝する。葉は互生し、倒披針(とうひしん)形または長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~10センチメートル、質はやや薄い。5~6月、葉とともに、朱橙(しゅとう)色花を開く。花冠は漏斗(ろうと)状で5中裂し、径5~6センチメートル。雄しべは5本、花糸は下部に白毛がある。蒴果(さくか)は長楕円形で長さ2~3センチメートル、褐色の毛がある。山地、原野に生え、北海道南西部から九州に分布する。古くから花木として庭に植えられる。葉の裏面が臘(ろう)質で粉白色の変種をウラジロレンゲツツジという。花が鮮黄色のものをキレンゲツツジといい、濃い朱色のものをカバレンゲツツジとよぶ。枝葉にはグラヤノトキシン、ロードジャポニンなどの有毒成分がある。

[小林義雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンゲツツジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レンゲツツジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation