@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レン
Renn, Ludwig
[生]1889.4.22. ドレスデン
[没]1979.7.21. 東ベルリン
ドイツの小説家。本名 Arnold Vieth von Golssenau。第1次世界大戦に参加,その体験を『戦争』 Krieg (1928) で即物的に描いた。共産党に入り,1933年ヒトラー政権により投獄されたが,脱走して亡命スペイン内乱の際,ドイツ義勇軍であるテールマン大隊の隊長をつとめた。 47年メキシコから東ドイツに帰った。その他『戦後』 Nachkrieg (30) ,『スペイン戦争』 Der spanische Krieg (55) などの作品がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レン
Wren, Sir Christopher
[生]1632.10.20. イーストノイル
[没]1723.2.25. ハンプトンコート
イギリスの建築家,科学者。父は牧師。幼時から自然科学にすぐれた才能を示し,1653年にオックスフォード大学修士号を取得。 61年同大学天文学教授。この頃から建築に関心を寄せ,同大学のシェルドン記念講堂 (1662~63) を設計。 64~65年パリを訪れ,G.ベルニーニに会い,また,J.H.マンサール,L.ル・ボーらに学ぶ。帰国後ロンドンの大火 (66) を機に大規模な都市再建計画を提案,69年には建築総監に任命された。都市計画は実現しなかったが,代表作セント・ポール大聖堂 (75~1710) ,セント・メリー・ル・ボー聖堂 (1670~77) ,セント・スチーブン聖堂 (72~87) をはじめ,52の聖堂ほか多数の建築を完成した。ほかにケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジ図書館 (76~84) ,チェルシー王立病院 (82) ,ハンプトン・コート宮殿東部増築 (89~1701) ,グリニッジ病院 (1696着工,死後完成) なども設計。その間天文学者として,彗星や土星の輪を研究し,ロイヤル・ソサエティの創立委員として,81~83年には3代会長をつとめた。 85~87年と 1701~02年には下院議員をつとめており,フリーメーソンに属していたともいわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レン
Wren, Percival Christopher
[生]1885. デボン
[没]1941.11.23. グロスターシャー
イギリスの小説家。オックスフォード大学に学んだ。第1次世界大戦に参加。フランス外人部隊での体験に基づく『美徳報酬』 The Wages of Virtue (1916) ,『フランスの継子』 Stepsons of France (17) ほか多数の作品がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

レン
ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会の公式マスコット「レンジー」のひとり。連獅子をモチーフとする白い髪の獅子。ジーの父。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レン【Christopher Wren】
1632‐1723
イギリス最大の建築家。ウィルトシャー州イースト・ノイルに,英国国教会の聖職者の子として生まれた。国教会と王党派の精神の中で育ち,オックスフォードに学び数学と自然科学に才能を示した。1653年に卒業し,57年にはロンドンのグレシャム・カレッジの天文学教授となる。60年に王政復古が成り,翌年建設総監の補佐に任ぜられた。65年に処女作ケンブリッジ大学ペンブローク・カレッジ礼拝堂を完成させ,この年パリに赴く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

レン【Ludwig Renn】
1889‐1979
ドイツの作家。本名アルノルト・ビートフォン・ゴルセナウArnold Viet von Gollsenau。貴族の出身。1910年ドレスデンで第1近衛師団に入隊,第1次大戦には将校として西部戦線へ。20年以降ゲッティンゲンほかで法学ウィーンで美術史などを学ぶ。その間にドイツ,イタリア,エジプトトルコなどに徒歩旅行。28年共産党に入党し,プロレタリア革命作家同盟結成時より書記長をつとめた。《戦争》(1925脱稿,28刊)は主人公に一兵士を選び,その眼で即物的に戦争を描き,続編《戦後》(1930)では主人公がカップ一揆のなかで軍隊に疑問を抱く過程をたどる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

レン【Ludwig Renn】
1889~1979 ドイツの小説家。兵士体験を描いた「戦争」と「戦後」が名高い。他に「スペイン戦争」「没落する貴族」、児童文学「トゥリニ」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レン【Christopher Wren】
1632~1723 イギリスの建築家・科学者。オックスフォード大学天文学教授・ロンドン建築総監督などを歴任。イギリス古典主義を代表するロンドンのセントポール大聖堂などを設計。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レン
(Sir Christopher Wren サー=クリストファー━) イギリスの建築家、科学者。古典主義を基礎にバロック様式などもとり入れた作風を持ち、イギリスの古典主義建築を完成させた。(一六三二‐一七二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レンの関連情報

関連キーワード

森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼宇治

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation