@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

レーザープリンタ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レーザープリンタ
laser beam printer; LBP
電子写真方式を使って普通紙に印刷できるプリンタ。導電性基板上に光導電性材料の層を設けた感光ドラムをまず一様に帯電させ,それにコンピュータの出力信号で操作されたレーザー光をスキャンしながらあてると,その部分は光導電現象により電荷が減衰し,潜像がつくられる。この潜像に微細粉末のトナーを静電吸引させて物理的に現像,それを普通紙に転写し,加熱定着させる。電子写真方式はもともと複写機として開発されたが,プリンタとしては,普通紙に印刷可能,ページ単位で印刷でき高速,印字品質が高い,など多くの特徴をもち,主としてオフィスで広く使用されている。3色以上のトナーをつかったカラーのレーザープリンタもある。 (→電子写真 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本

レーザープリンタ
コピー機と同じ仕組みで印刷するプリンタです。原理的には、感光ドラムという筒にレーザー光線を当てて静電気を発生させ、そこにトナーという粉を付着させ、用紙に転写します。インクジェット・プリンタより印刷スピードが速いのが特長です。
⇨プリンタ

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

レーザープリンタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レーザープリンタの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation