@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロカビリー

デジタル大辞泉

ロカビリー(rockabilly)
ロックンロールと米国南東部の民謡ヒルビリーとが融合して生まれたポピュラー音楽。1950年代後半に流行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろかびりー【ロカビリー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロカビリー
ろかびりー
rock-a-billy

ロックン・ロールとヒルビリー(カントリー音楽の別称)の合成語。カントリー界出身者エルビス・プレスリーの初期(1950年代中期)のカントリー感覚のあるスタイルに始まるとされ、ジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンス、リッキー・ネルソンらの活動で大流行。日本では1958年(昭和33)の東京・日本劇場における「ウェスタン・カーニバル」が若者の人気をよんでブームとなった。

[青木 啓]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロカビリー
〘名〙 (rockabilly) 一九五〇年代、ロックンロールとヒルビリー(アメリカ中西部の山岳地帯に発達した民謡調歌曲)双方の要素が融合して発生、流行したポピュラー音楽。当時日本でも大流行した。
※傷はまだ癒えていない(1958)〈中野好夫〉狐につままれたような再生「東京から楽団が来てロカビリーの演奏がやがてはじまるからだという」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロカビリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロカビリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation