@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロコモーション号【ロコモーションごう】

世界大百科事典 第2版

ろこもーしょんごう【ロコモーション号】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロコモーション号
ろこもーしょんごう
Locomotion
世界最初の商用蒸気機関車。イギリスのG・スティーブンソンが1825年に製作した。ストックトン―ダーリントン間の石炭輸送鉄道での実験で、90トンの石炭列車を引いて時速18キロメートルを記録し、馬に勝ることを証明し、鉄道の夜明けをもたらした。動輪二対の0‐B‐0形機関車で、1869年まで稼動し、現在は鉄道発祥の地ダーリントンに保存されている。蒸気機関を輸送用に使うことは以前から試みられ、1804年にはイギリスでトレビシックがレールの上を走る蒸気機関車をつくっている。しかしレールの強度に比べて機関車が重すぎ、1809年の公開試運転は脱線転覆して失敗に終わり、研究をやめてしまったが、彼の孫は日本に来て鉄道を開通させた。[吉村光夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロコモーション号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロコモーション号の関連情報

関連キーワード

産業革命史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]アレクサンドルサン=シモン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation