@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロシア社会民主労働党【ロシアシャカイミンシュロウドウトウ】

デジタル大辞泉

ロシア‐しゃかいみんしゅろうどうとう〔‐シヤクワイミンシユラウドウタウ〕【ロシア社会民主労働党】
ロシアのマルクス主義政党。1898年プレハーノフらが結成したが、1903年ボリシェビキメンシェビキの二派に分裂レーニンの率いるボリシェビキがロシア革命を成功させ、1918年ロシア共産党改称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロシアしゃかいみんしゅろうどうとう【ロシア社会民主労働党 Rossiiskaya sotsial‐demokraticheskaya rabochaya partiya】
ロシアのマルクス主義政党。マルクス主義が社会民主主義としてロシア人に初めて受容されるのは,亡命中のプレハーノフらが1883年ジュネーブで創立した〈労働解放団〉による。プレハーノフは後進国ロシアの当面する革命は専制打倒のブルジョア革命だとし,二段階革命を主張した。社会民主主義者のグループがロシアに現れるのは1880年代後半からである。運動はおもにポーランドとロシア西部諸県,特にユダヤ人の間で始まり,数年遅れで各地に広がった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロシア社会民主労働党
ろしあしゃかいみんしゅろうどうとう
Российская сочиал‐демократическая рабочая партия/Rossiyskaya sotsial-demokraticheskaya rabochaya partiya ロシア語
Russian Social Democratic Labor Party 英語

ロシアのマルクス主義政党。ロシア人にマルクス主義が社会民主主義として受け入れられたのは、1883年にプレハーノフらがナロードニキ主義と決別して亡命地ジュネーブで創立した「労働解放団」においてである。彼らは、ロシアが西ヨーロッパ諸国同様、資本主義を通過すること、したがって当面する革命はブルジョア革命であると主張した。その後ロシア国内で生まれたマルクス主義者のグループが、全ロシア的組織の結成に向かい、1898年にミンスクでロシア社会民主労働党の結党大会を開いた。この大会は、ストルーベの筆になる「ヨーロッパの東へ行くほどブルジョアジーは弱体になり、文化的・政治的任務がプロレタリアートに降りかかる」という有名な宣言を発したが、参加した活動家の一斉逮捕によって活動は中断した。

 党の再組織のためのイニシアティブをとったのは、レーニン、マルトフらが新聞『イスクラ』の刊行のために1900年に組織したグループである。その結果、03年夏、事実上の結党大会となった第2回党大会がブリュッセルとロンドンで開かれた。しかしこの大会で、党規約第1条をめぐり、イスクラ・グループが、職業的革命家の党を目ざすレーニン派と、より広い活動家も党員に含めようとするマルトフ派とに分裂、前者がボリシェビキ(多数派)、後者がメンシェビキ(少数派)とよばれるようになった。両派の対立はその後も続き、ボリシェビキは、18年、党名をロシア共産党(ボリシェビキ)と変更、メンシェビキの一部は国外での活動を続けた。

[藤本和貴夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロシア‐しゃかいみんしゅろうどうとう ‥シャクヮイミンシュラウドウタウ【ロシア社会民主労働党】
ロシアのマルクス主義政党。一八九八年の第一回、一九〇三年の第二回大会を経て結成。八時間労働制、農奴制全廃をスローガンとした。一九〇三年の第二回大会でボルシェビキとメンシェビキに分裂、一九一二年に後者を党外に追放し、レーニンの率いるボルシェビキが一九一七年のロシア革命を指導し、翌年ロシア共産党と改称した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ロシア社会民主労働党
ロシアしゃかいみんしゅろうどうとう
Rossiyskaya Sotsial-Demokraticheskaya Rabochaya Partiya
1898年ミンスクで結成されたロシアのマルクス主義政党。略称RSDRP
プレハーノフ・レーニンらにより組織され,プロレタリアートを支持基盤に,階級闘争による社会主義革命の実現を目ざした。しかし,1903年ロンドンでの第2回党大会で正式に発足すると同時に,党組織の原則を巡って,レーニンの率いるボリシェヴィキ(多数派)と,プレハーノフ・マルトフらを中心とするメンシェヴィキ(少数派)に分裂した。1912年プラハ党会議で両派は完全に分離。1917年ロシア三月革命が起こると,初めメンシェヴィキが優勢であったが,ボリシェヴィキはしだいに労働者の多数の支持をえて十一月革命で政権を獲得し,翌18年ロシア共産党と改称した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロシア社会民主労働党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロシア社会民主労働党の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation