@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロスケリヌス[コンピエーニュ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロスケリヌス[コンピエーニュ]
Roscelinus Compendiensis
[生]1050. コンピエーニュ
[没]1125頃
フランスのスコラ哲学者。故郷とランスで学び,故郷,ロッシュ,ブザンソン,ツールで教えた。極端な唯名論者とされ,P.アベラールの師の一人。アンセルムスの伝えるところでは,彼は普遍者は言語表現にすぎず,存在するのは個体だけであると主張。この考えが三位一体論 (それに関するアベラールあて書簡だけが彼の著作中現存) に適用されると,神の三位格はそれぞれ独立したものという三神論になるとして,1092年のソアソン教会会議で排斥された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロスケリヌス[コンピエーニュ]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロスケリヌス[コンピエーニュ]の関連情報

関連キーワード

中央大学ラクーンズグッズコペルニシウムコペルニシウム富山県の要覧鶴岡市ふるさと景観資源SXGA+相続分ドイツ語

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation