@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロスチャイルド家【ロスチャイルドケ】

デジタル大辞泉

ロスチャイルド‐け【ロスチャイルド家】
Rothschildユダヤ系の国際的金融資本家の一族。18世紀にフランクフルトで両替商を営んでいたマイヤー=アムシェル[1744~1812]が宮廷銀行家となって巨富の基礎を築き、五人の息子がヨーロッパ各地に商会を開いて事業を拡大。19世紀には各国の財政に関与して金融市場を独占、政治的にも影響力をもった。ロートシルト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロスチャイルドけ【ロスチャイルド家】
19世紀から20世紀にかけてヨーロッパ金融界に君臨した国際的な財閥。ユダヤ教徒の家柄で,シオニズム運動の発展にも寄与した。フランクフルト・マムマインで〈赤い盾Rotschild〉を家号とする両替商マイヤー・アムシェルMeyer Amschel Rothschild(1744‐1812)はヘッセン伯ウィルヘルム9世のを得て,その〈宮廷銀行家〉として急速にを築いた。自国農民傭兵として売りさばくことで有名だったヘッセン伯のおこぼれにあずかったのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ロスチャイルドけ【ロスチャイルド家】
ユダヤ系の金融資本家の一族。一八世紀後半フランクフルトで金貸し業を営み宮廷への出入りにより急速に富を築く。一九世紀ヨーロッパ各地に銀行を開いて国際的な金融活動をおこない各国の財政に関与した。ロートシルト。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロスチャイルド家
ろすちゃいるどけ
the Rothschilds
ユダヤの国際金融財閥。18世紀、フランクフルトで古銭商を始めたマイヤー・アムシェルMeyer Amschel R.(1743―1812)を始祖として、ナポレオン戦争の混乱期にヨーロッパ最大の金融王国を築いた。一族は幾多の革命、戦乱、恐慌を乗り切って今日も地球規模で金融業務だけでなく、石油や金、ダイヤモンド、ワインなど多くの事業を展開している。[横山三四郎]

1760年代に創始

英語でロスチャイルド、ドイツ語でロートシルト(「赤い楯(たて)」の意)とよばれる一族はユダヤ人の家系である。その営業は1760年代にさかのぼり、古銭商としてドイツ地方の王侯貴族に知己を得たマイヤー・アムシェルが、両替から手形割引、対外借款などへと事業を広げたことに始まる。三男のネイサン・マイヤーNathan Meyer R.(1777―1836)をイギリスに送ったのを皮切りに、5人の息子をフランクフルト、ロンドン、パリ、ウィーン、ナポリに配し、当時としては画期的な国境を越えた五極体制で金融活動を展開した。[横山三四郎]

19世紀にヨーロッパ最大の金融財閥に

19世紀初頭、一族はナポレオンに追われた封建領主の資産を預かってロンドン市場で運用、またナポレオンが大陸封鎖令(1806)でイギリスとの交易を禁じたさいには暴騰した商品を扱って大儲けした。1815年6月のワーテルローの戦いでは、ナポレオンがウェリントン将軍と戦って敗れたとの情報を独自ルートでいち早くつかんで市場で巨利を得たとされる。勝利して復活した神聖同盟の旧勢力が新興のロスチャイルド家を無視しようとすると、金融市場を混乱させてその力のほどをみせつけ、ハプスブルク家の宰相メッテルニヒからオーストリアの神聖ローマ帝国の財政を委ねられた。こうして各国の国債発行、引き受けをほぼ独占して、19世紀のヨーロッパの最大・最強の金融財閥として政治をも動かした。
 産業革命が工業化の段階に至り、ヨーロッパ諸国が植民地経営に乗り出すと、一族はその資金を提供、鉄道から石油(ロイヤル・ダッチ・シェル)、ダイヤモンド(デビアスDe Beers Consolidated Mines)などさまざまな分野に融資して資産をさらに増やした。イギリスがエジプトからスエズ運河の株44%を買ったときはロスチャイルド家が全額融資した。絶大な力は20世紀初頭まで続き、日露戦争ではイギリスのロシアとの敵対関係を背景に、ロンドンのN・M・ロスチャイルド銀行が日本の戦時国債の発行に協力した。[横山三四郎]

第二次世界大戦後

第二次世界大戦後に一族はパリとロンドンの分家だけになったが、パリの方は戦時中に接収された資産を取り戻すとともに、当主ギー・ド・ロスチャイルドGuy de Rothschild(1909― )が自由フランスのためによく戦ったことからドゴール政権に好感をもたれて、後に首相から大統領になるジョルジュ・ポンピドーをロスチャイルド兄弟銀行の頭取に迎えて急速に復興した。大統領ミッテランの左翼政権が1981年に誕生すると、基幹産業の国有化を行い、ロスチャイルド兄弟銀行と鉱山会社も国有化されたけれども、この国有化政策は失敗に終わって見直され、パリ分家は生き延びた。
 金融街シティーにあるN・M・ロスチャイルド銀行を中心とするロンドン分家はイギリスが植民地を失って衰退するとともにかつての勢いを失い、さらにアメリカ、次いで日本の大規模な商業銀行に追撃されて相対的に小規模になって弱体化した。しかし新たに投資信託銀行やベンチャー投資会社、生命保険会社を次々と設立、投資分野もワイン(ボルドーのラフィットCh. Lafite Rothschild、ムートンCh. Mouton Rothschild)からレジャー(地中海クラブClub Med)まで多岐にわたって一族の活動意欲は衰えていない。[横山三四郎]

ふたたび世界の金融財閥に

冷戦後のヨーロッパでは1993年から単一市場が発足、2002年からはユーロ通貨が流通した。このためあらゆる分野の産業で競争が激化して合従連衡(がっしょうれんこう)が行われるようになっているが、パリ、ロンドンのロスチャイルド銀行は企業のM&A(合併・買収)取りまとめ実績で上位にあり、つねに国境を越えて活動してきたロスチャイルド家のブランドとノウハウがふたたび評価されている。
 ロスチャイルド家の姿はこれまで「語るなかれ」という秘密保持と、直系の男子しか経営に参加させない初代マイヤー以来の家訓のためになかなかみえなかった。しかし一族のなかには自叙伝を出す者も現われ、革命や戦争、大不況、金融危機など無数の社会変動をしのいで不死鳥さながら存続してきた国際金融財閥の実像が明らかになりつつある。
 国境を越える国際金融資本であるロスチャイルド家は民族主義とは相いれず、シオンの丘への帰還運動(シオニズム)には距離を置いた。しかし入植者に対しては寛大な支援を惜しむことなく、また建国(1948年)されたイスラエルでも慈善活動を行っている。[横山三四郎]
『中川敬一郎著『ロスチャイルド』(松田智雄編『巨富への道』所収・1955・中央公論社) ▽中木康夫著『ロスチャイルド兄弟』(1963・講談社) ▽ブービエ著、井上隆一郎訳『ロスチャイルド』(1969・河出書房新社) ▽H・H・ベンサッソン編、石田友雄・日本語版総編集『ユダヤ民族史』1~6(1978・六興出版) ▽田中友義著『ロスチャイルド』(原輝史編『フランス経営史』所収・1980・有斐閣) ▽中木康夫著『ロスチャイルド家――世界を動かした金融王国』(1980・誠文堂新光社) ▽ジャン・ボミエ著、黒木寿時訳『地球の支配銀行――ロスチャイルドからモルガンまで』(1984・東洋経済新報社) ▽ギー・ド・ロスチャイルド著、酒井伝六訳『ロスチャイルド自伝』(1990・新潮社) ▽フレデリック・モートン著、高原富保訳『ロスチャイルド王国』(1991・新潮社) ▽玉置紀夫著『日本金融史』(1994・有菱閣) ▽エドマンド・デ・ロスチャイルド著、古川修訳『ロスチャイルド自伝』(1999・中央公論新社) ▽デリク・ウィルソン著、本橋たまき訳『ロスチャイルド――富と権力の物語』上下(新潮文庫) ▽横山三四郎著『ロスチャイルド家――ユダヤ国際財閥の興亡』(講談社現代新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロスチャイルド‐け【ロスチャイルド家】
(ロスチャイルドはRothschild) ユダヤ系の国際的金融資本家の一族。イギリス最大の富豪。ドイツのフランクフルトの商人マイヤー=アムシェルが金融業者として巨富を積み、家業の基礎を築き、五人の子息がヨーロッパ中に支店を設けて業務を拡大した。特に三男ナータン(ネーサン)=マイヤーはロンドンに店を開いてヨーロッパ金融界に君臨したが、一八四八年の革命以後、ロンドンを除いてその影響力は低下した。ロートシルト。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ロスチャイルド家
ロスチャイルドけ
The Rothschilds
ユダヤ系国際金融業者の一族
18世紀にフランクフルトで金融業を営んだマイヤー=アムシェルに始まり,ナポレオン戦争中に反ナポレオン陣営諸国に軍資金を貸し付けて巨富を得た。5人の息子の代に,フランクフルト・ロンドン・ウィーン・ナポリ・パリの,当時のヨーロッパ主要都市に支店をもち,ウィーン会議後は各国の公債の引受け発行を行い,また鉄道事業にも着手した。1875年ディズレーリ首相の要請を受けてスエズ運河の株式買収資金を融資した。20世紀にはいると,石油その他の産業資本と結びついて大財閥に発展するいっぽう,シオニズム運動への支援の中心者ともなった。第一次世界大戦中には,イギリスへの戦費調達の代償として,有名なバルフォア宣言がユダヤ人の代表者としてのロスチャイルド家を通して渡された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロスチャイルド家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロスチャイルド家の関連情報

関連キーワード

ロスチャイルド[家]ロートシルト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation