@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロスバハの戦い【ロスバハのたたかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロスバハの戦い
ロスバハのたたかい
Battle of Rossbach
七年戦争中の戦闘の一つ。 1757年 11月5日,プロシアフリードリヒ2世 (大王)は,2万 1000人の兵をもって F.ザイドリッツ指揮下の騎兵部隊の支援のもとに,4万人をこえるフランス軍と帝国諸侯連合軍を完敗させ,プロシアの士気を大いに高めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロスバハの戦い
ろすばはのたたかい
1757年にプロイセン、フランス間に行われた戦い。1756年5月、のちに外交革命とよばれるフランス・オーストリア同盟が成立し、プロイセンのフリードリヒ2世は国際的な孤立を恐れ、七年戦争に突入した。しかし、彼は、オーストリアの反撃にあってベーメン(ボヘミア)で敗れ、シュレージエンも占領され、ザクセンへ後退した。東方からはロシア軍が、北方からはスウェーデン軍が迫り、西方からはフランス・帝国諸侯軍4万が攻勢に転じた。フリードリヒ2世は、ライプツィヒ西方35キロメートルのロスバハRossbachにあって、1757年11月5日、迂回(うかい)中のフランス軍を三方面から攻撃、約3万の損害を与えた。この勝利は、彼の名将の名を高めたばかりでなく、フランスに対抗するドイツの民族意識を呼び起こすに至った。[進藤牧郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロスバハの戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロスバハの戦いの関連情報

関連キーワード

プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブまぶ鳥人幸吉異素六帖大槻玄沢カノーバ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation