@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロスビー波【ロスビーは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロスビー波
ロスビーは
Rossby wave
偏西風帯の主として対流圏中層より高いところに卓越する長波惑星波(プラネタリー波)とも呼ばれる。東西方向の波長は普通数千km以上で,上層の半球等圧面天気図上では,地球を取り巻いての数が 5~6程度のロスビー波がみられる。この波の振幅が大きいときは大気の南北交換が大きく,振幅が小さいときは大気の交換も小さい。したがって大気大循環に大きな役割を果たしている。1939年にスウェーデンのカール=グスタフ・A.ロスビーとその協力者が,500hPa天気図に見られる大規模波動擾乱を理論的に研究し,それらのふるまいを数学的に表現することに成功した(→大気の擾乱)。それによれば擾乱の波長が地球の半径と同程度かそれ以上である場合,地球自転によるコリオリ効果が緯度によって異なっていることが本質的に重要であることがわかった(→コリオリの力)。すなわち,渦度とコリオリ因子の和(絶対渦度)が保存されることから,大規模波動は回転球面上で西へ動こうとする性質をもつ。偏西風帯では風によって波が東へ流される効果がそれに加わる。西向き速度成分の大きさは波長とコリオリ因子の緯度変化の積に比例する。このような性質をもつ波を発見者の名にちなんでロスビー波という。ロスビーは 500hPa面で観測された波を理想化して論じたが,実際には,波は南北方向にも上下方向にも広がっており,またその成因や維持機構によっても波の性質は異なることがわかっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロスビー‐は【ロスビー波】
地球規模の大気の流体運動において、地球の自転によるコリオリ力が緯度によって異なることで生じる波。南北方向に復元力が発生し、これが波として伝播する。もとは偏西風蛇行を説明するために、スウェーデンの気象学者ロスビーが導出。プラネタリー波は、理論的にロスビー波として説明される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

ロスビー波【Rossby wave】
順圧条件で水平発散のない回転流体中で,ロスビー因子(β)の効果によって西進する波動.別名を順圧波という.この波の位相速度 C

である.惑星の半径に匹敵するほどの波長をもつので,プラネタリー波とも呼ばれ,実際に大気中にも存在が認められている.もっとも通常の大規模偏西風波動の大部分は順圧条件にはなく傾圧下のものなので,純粋なロスビー波ではない.大気中の他に海洋中においてもロスビー波の存在が認められているが,この場合にははるかに小さなスケールでもロスビー因子(β)の効果が大きくなる.プラズマ中のドリフト波とも数学的には同一である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろすびーは【ロスビー波】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ロスビー波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロスビー波の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation