@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロセッティ【ろせってぃ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti)
ろせってぃ
Dante Gabriel Rossetti
(1828―1882)
イギリスの詩人、画家。イタリア亡命詩人の息子としてロンドンに生まれる。弟に評論家のウィリアム・マイケル・ロセッティ(1829―1919)、妹に詩人のクリスティーナ・ジョージナ・ロセッティがいる。ロイヤル・アカデミーに学び、そこで知り合ったホルマン・ハントやジョン・エバレット・ミレイらとともに1848年「ラファエル前派」を結成。『聖母の少女時代』や『聖告』など初期の傑作を残す。その後、ダンテやシェークスピアやアーサー王伝説などを主題とした、中世趣味にあふれたロマンチックな作品を制作し、バーン・ジョーンズなど後の世代の画家の中心的存在となる。彼はまた本の装丁や挿絵、ステンドグラスや家具のデザインなども幅広く手がけた。晩年はおもにW・モリス夫人などをモデルとした耽美(たんび)的な作品を描いた。代表作に『ベアタ・ベアトリクス』がある。
 詩人としては、1850年から1851年にかけて刊行したラファエル前派の機関誌『ザ・ジャーム芽生え』に『在天の乙女(おとめ)』、6編のソネット、4編の叙情詩を発表したのが最初で、ダンテその他の詩人の翻訳『初期イタリア詩人』(1861)、『詩集』(1870)、『物語詩(バラッド)とソネット集』(1881)などがある。私生活では1850年ころエリザベス・シドルと会って恋に落ち、1860年に結婚したが、2年後に彼女は薬物で事故死(自殺?)した。その遺骸とともに埋葬した草稿を7年後に掘り出して発表したのが、上記の『詩集』である。晩年は孤独とゆううつにさいなまれて悲惨な生活を送り、ケント州バーチントン・オン・シーに没した。[谷田博行]
『森亮訳『ロセッティ小曲』(1980・文華書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロセッティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロセッティの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation