@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロゼット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロゼット
rosette
花形の装飾モチーフ。非常に古い時代から頻繁に建築,彫刻,工芸品に用いられた。一般に単または2重,3重の円に囲まれた丸い楕円形多角形の中に,開花した花を抽象図式化した文様エジプトのものは蓮華 (れんげ) を主題にしたものと思われるが,一般にはばら形文様で,中心から円周って旋回するようなモチーフもあり,これを螺旋ロゼットと呼んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロゼット
rosette
(1) 植物形態学上の用語。節間部が詰ってほとんど同じ高さから円形の敷物状にが叢生して,バラの花のようになった形態をいう。これは茎の生長時に節数はふえながら節間の伸長が著しく抑制された生育型である。二年生草本植物 (たとえばダイコン) ,多年生草本植物 (たとえばタンポポ) などの越年の茎にみられ,葉が根のすぐ上から出て地面をおおっているようにみえる。これらの植物の多くは,温度や日照時間の変化によって節間部が伸びれば普通の形態の茎となる。 (2) 繊毛環 (せんもうかん) ともいい,クシクラゲの胃水管系の壁にみられる細胞の集りをさす。原腎管炎細胞に似た構造で,排出器官であるというと,胃水管系から体内に水や栄養を送る器官であるという説とがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロゼット(rosette)
《「ローゼット」とも》
根出葉が地面に放射状に広がり、バラの花の形を呈するもの。多年草・越年草の冬越しの状態。タンポポ・ヒメジョオン・ナズナなどの葉にみられる。
リボン・布などで作ったバラの花形の飾り。記章・胸飾りなどにする。
建築で、バラの花形の装飾。
つり電灯などのコードが電気配線に接続する部分に用いる装飾器具。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロゼット【rosette】
草本の茎が基部で節間が伸びず,相接して葉が出ると,タンポポのように地表付近で葉を多数叢出するようにみえる。このような葉を根出葉(根生葉)といい,そのような草本の生育型を,バラの花冠に似た形状をしているところからロゼットという。ふつうは,根出葉を出す短い茎から,花茎が長く伸び出し,花茎には根出葉と異なった形態の葉(茎葉という)をつけるが,葉を全然つけない場合もあり,タンポポのように花梗に頭状花をつけるだけという姿のものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ロゼット【rosette】
花形装飾を意味するフランス語および英語。開花した花を上から見た形を図式化した装飾ないし模様で,中心から放射状に広がる花弁状の単位を円形に並べたもの。外縁は単円または同心円で囲まれる場合が多い。抽象化された花弁が多角形として描かれることもあり,重なりあった花弁を図化した複雑な例もある。同一方向に湾曲した花弁が中心から外周へ旋回しつつ広がる螺旋(らせん)形ロゼット,花形を中央で二つに分けてその間に他のモティーフを挿入した分離形ロゼットなどの変形がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロゼット
ろぜっと
rosette

短い茎に、扁平(へんぺい)な多数の葉が地面の表面に接して放射状についている状態、あるいはそのような植物体をロゼットという。ロゼットの状態で越冬する植物はロゼット植物とよばれ、タンポポ、ハルジョオン、マツヨイグサなどがある。ロゼット植物には、タンポポのように花序を支える茎だけが春に伸びるものと、ハルジョオンのように春に伸長して花をつける茎の上に、ロゼット状の葉とは別に普通葉をつけるものとがある。

[原 襄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロゼット
〘名〙 (rosette)
① 植物の根生葉が地面に水平放射状に出て、全体が円座形をなしたもの。節間はほとんど伸長せず、主に節数が増加して、わずかずつ丈が伸びるため根から葉が出ているように見える。タンポポ、オオバコなどに見られる。越年草や二年草ではこの形で越冬するものが多い。
② バラ型の飾り。また、バラの花型に結んだリボン。
※魔都(1937‐38)〈久生十蘭〉一四「これはロゼット型といふ古い切り方ですな」
③ 建築で、②の文様をもつ装飾器具。シャンデリアの吊り元の部分などに用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

ロゼット

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロゼット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロゼットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation