@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロダン【ろだん】

デジタル大辞泉

ロダン(François Auguste René Rodin)
[1840~1917]フランス彫刻家。形式的なアカデミズムに反抗し、人間の内的生命を表現。近代彫刻に多大の影響を与えた。作「考える人」「地獄の門」「カレーの市民」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロダン【Auguste Rodin】
1840‐1917
フランスの彫刻家。モニュメンタルで生命力にあふれた表現,さらに彫刻を量塊としてとらえ,周辺空間との関連で彫刻の肌をつくる態度によって,近代彫刻に新生面をひらき,ブールデル,マイヨールなど,以後の彫刻家に多大の影響を与えた。パリに生まれ,装飾美術学校でカルポーに学んだのち,1864‐70年カリエ・ベルーズCarrier‐Belleuseの工房で働く。64年,伝統的な美の観念を無視する《鼻かけの男》をサロン(官展)に出品するが落選。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ロダン【François Auguste René Rodin】
1840~1917 フランスの彫刻家。一八世紀以来装飾化していた彫刻に生命と感情を吹き込み、近代彫刻の展開に多大な足跡を残した。代表作「バルザック像」「考える人」「地獄の門」「接吻」「カレーの市民」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロダン
Rodin, (François) Auguste (René)
[生]1840.11.12. パリ
[没]1917.11.17. ムードン
フランスの彫刻家。 1855~57年装飾美術学校に学び,さらにエコール・デ・ボザールに3度入学を試みて失敗。 62年姉の死を悲しみ美術を捨てて修道院に入ったが,院長にすすめられて翌年還俗。 64年『鼻のつぶれた男』をサロンに出品して落選。 71年ブリュッセルの彫刻家 A.カリエ=ベルーズの助手となり,師とともに建築装飾に従事。 75年にはフィレンツェとローマに旅行し,ミケランジェロの作品から示唆を得て,77年ブリュッセルの美術展に『青銅時代』を発表した。しかし不評でパリのサロンでも落選し,3年後あらためてサロンに入選した。 80年より政府の委嘱でパリの装飾美術館の門扉『地獄の門』に着手したが,未完に終った。現存する同作品は 1917年の試作から 38年に鋳造されたもの。しかしその構想過程から『考える人』『接吻』などの傑作が生れた。その他の主要作品『カレーの市民』 (1884~88) ,『バルザック像』 (97) 。なお没地ムードンのほかパリ,フィラデルフィアにはロダン美術館があり,東京の国立西洋美術館にも大コレクションがあって代表作品を所蔵している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロダン
ろだん
Franois Auguste Ren Rodin
(1840―1917)
フランスの彫刻家。生気に満ちた写実主義、モニュメンタルな表現性、象徴主義的なテーマ、彫刻を量塊(マッス)としてとらえ、その動きと表現的な肌によって周辺空間と関連させる手法などにより、19世紀の彫刻に活気を与え、現代彫刻への道を開いた近代彫刻最大の芸術家として知られる。
 1840年11月12日、警視庁の職員を父としてパリに生まれる。14歳のときから3年、古典主義の彫刻家のもとで修業、国立美術学校を志すが三度にわたり失敗し、建築装飾のための石工をしながら、アントアーヌ・ルイ・バリー、カリエ・ベルーズたちに師事し、1871年には、カリエ・ベルーズのブリュッセル商品取引所の装飾彫刻の制作の助手をつとめる。それ以前の1864年には『鼻のつぶれた男』をサロンに出品するが落選。しかし、この作品の激しい肉づけによって、ロダンは醜のなかに美をみいだすという美学と、量塊としての表現性という後の彼の作品の核となるものを示している。1875年イタリアに遊学、とくにミケランジェロに感動し、「アカデミズムからの解放」を得る。1876年、その写実性の巧みさによって人体から直接型取りしたとのスキャンダルを生んだ『青銅時代』を発表、その清新なレアリスムとムーブマンの追求は、その後『歩く人』『洗礼者ヨハネ』などの作品へと展開する。とくに、頭部を欠く『歩く人』によって量塊としての存在感、表現性、動きなどの探求が深められる。1879~1882年にはセーブル製陶所のための模型の制作、パリ市庁舎のための『ダランベールの肖像』などがある。
 1880年、パリ装飾美術館の門扉のための『地獄の門』の発注を受ける。しかしこの作品は、その後の40年近くの生涯の努力を傾けてなお未完成に終わった。残された石膏(せっこう)原型からの鋳造は、ロダンと親交のあった日本のコレクター松方幸次郎によって初めてなされた。ダンテの『神曲』に想を得たこの作品は、フィレンツェ洗礼堂のギベルティによる『天国の門』、システィナ礼拝堂の大壁画『最後の審判』、ブレイクやギュスターブ・ドレの版画『神曲』などのさまざまな刺激と、ロダンが愛した女弟子兼助手カミーユ・クローデルCamille Claudel(1856―1943。詩人ポール・クローデルの姉。大理石の女性頭部像『物思い』のモデルとされる)との悩み多い愛などを背景とし、総計186点の単独像を含んで構想されている。実際に、『考える人』、『接吻(せっぷん)』『永遠の青春』など、ロダンの大理石やブロンズによる名作の単独像が数多く、この構想の過程に実現されていった。この『地獄の門』およびその周辺に派生した単独像、群像は、ちょうど19世紀末から20世紀初頭にかけての象徴主義的芸術の全盛期に対応している。たとえば、『接吻』は、その大胆さにおいて、象徴派の画家たちが開発した愛と性のテーマに影響を与えたし、また、これが単に『神曲』中のパオロとフランチェスカの恋の物語ではなく、いわゆる「呪(のろ)われた女」との愛の表現だという解釈すらも提出されている。一方、彼を彫刻における印象派とする考えもあるが、これは、ロダンが印象派と同世代であり、モネたちと親交し、1889年にはモネと二人展を開催したこと、また、彫刻の肌のモデリングで光の効果を重視したことなどに由来している。
 1884年、ロダンはカレー市と、百年戦争の際の英雄的な市民の記念碑の制作を契約、作品『カレーの市民』は1886年に制作されるが、さまざまな批判があったため、実際にカレー市で除幕されたのは1895年である。ロダンは、この作品以前にも、プロイセン・フランス戦争の際のパリ防衛記念の像に応募(コンクールでは当選せず、のちにベルダン防衛記念碑『国の護(まも)り』として没後の1922年除幕)し、1880年代以降もさまざまな記念碑の注文を受けているが、未完に終わった作品が多く、完成はしても、実現は彼の死後となったものが多い。『バルザック記念像』がその一例で、1891年に文芸家協会から注文を受け、大胆な部屋着姿と裸体像で物議を醸して1898年に引き取りは拒否され、部屋着姿の像がパリの町に建立されたのは1939年、ラスパイユ通りとモンパルナス通りの合流を記念してであった。ロダンはこうした記念碑のために、また友人知己のために、数多くの肖像彫刻を制作し、ここでも従来の伝統的な肖像彫刻を離れて個性的な陰影表現をみせている。晩年は、踊り子の姿態とムーブマンを追求した連作を発表したが、日本の踊り子『ハナコの頭部』(1908)なども制作された。1917年11月17日、パリ郊外ムードンで死去。
 晩年ロダンが購入して住居とアトリエにしたパリの由緒ある邸館オテル・ビロンは、1916年に全作品とともにフランス国家に寄贈され、国立ロダン美術館として一般に公開されており、ムードンのアトリエも同じく美術館として公開されている。日本では、松方コレクションの大量のロダンの作品が、東京の国立西洋美術館で展示公開されている。[中山公男]
『佐々英也解説『世界彫刻美術全集12ロダン』(1976・小学館) ▽富永惣一解説『現代世界美術全集5 ロダン/ブールデル』(1971・集英社) ▽E・A・ブルデル著、清水多嘉示他訳『ロダン』(1968・筑摩書房) ▽菊池一雄著『ロダン』(1968・中央公論美術出版) ▽B・シャンピニュエル著、幸田礼雅訳『ロダンの生涯』(1982・美術公論社) ▽リルケ著、高安国世訳『ロダン』(1952・人文書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロダン
(Auguste Rodin オーギュスト━) フランスの彫刻家。近代彫刻の第一人者。自然主義を基礎に、人間の内的生命を表現する独自の作風を確立、近代彫刻を開拓した。代表作「考える人」「地獄の門」など。(一八四〇‐一九一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ロダン
François Auguste René Rodin
1840〜1917
近代彫刻の基礎を築いたフランスの彫刻家
写実を重んじたが,たんに写実にとどまらない深い内面的・心理的意味を彫刻に表そうと努力した,近代彫刻の確立者。ルネサンス以来の最も傑出した彫刻家である。1864年「鼻のつぶれた男」で古典的彫刻と訣別し,醜のうちに美を発見,1877年の「青銅時代」をへて98年の「バルザック像」に至り,近代彫刻のピークに達した。そのほか,特に有名なものは「地獄の門」(1880〜85),「カレーの市民」(1895),「考える人」(1904)など。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロダン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロダンの関連情報

関連キーワード

PostScriptPostScriptプリンターLaserWriter非PostScript丸漢EnablerPostScript Type 1PS縦書き印字サポートEPSEPSATMフォント

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation