@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロチ
Loti, Pierre
[生]1850.1.14. ロシュフォール
[没]1923.6.10. バスピレネー,アンダイ
フランスの小説家。本名 Louis Marie Julien Viaud。古いプロテスタントの家系に生れ,海に憧れつつ幸福な少年時代をおくった。 1867年ブレストのエコール・ナバル (海軍兵学校) に入学。 69年練習船に乗組み,以後 1910年に大佐で退役するまで,アジア,アフリカ,ポリネシアなどを周航,85年と 1900年に日本を訪れた。豊かな体験をもとに,独特の憂愁と甘美なエキゾチシズム (異国情緒) にあふれる小説を数多く書いた。それぞれコンスタンチノープル,タヒチ,セネガル,日本を舞台にした,『アジヤデ』 Aziyadé (1879) ,『ロチの結婚 (原題ララユ) 』 Le Mariage de Loti; Rarahu (80) ,『アフリカ騎兵の物語』 Le Roman d'un Spahi (81) ,『お菊さん』 Madame Chrysanthème (87) ,『秋の日本』 Japoneries d'automne (89,その一挿話を芥川龍之介が小説『舞踏会』に用いた) などであるが,代表作は『氷島の漁師』 Pêcheur d'Islande (86) や『ラムンチョ』 Ramuntcho (97) などフランスを舞台にしたものである。アカデミー・フランセーズ会員 (91) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロチ(loti)
レソトの通貨単位。1ロチは100センテ。複数形はマロチ(maloti)。ロテ。ロティ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ロチ Loti, Pierre
1850-1923 フランスの軍人,小説家。
1850年1月14日生まれ。海軍士官として世界各国をめぐり,その体験や見聞をもとに異国趣味的な小説を発表する。日本には明治18年(1885),33年の2回寄港,滞在。「お菊さん」「秋の日本」などをかいた。1923年6月10日死去。73歳。ブレスト海軍兵学校卒。本名はルイ=マリー=ジュリアン=ビオー(Louis Marie Julien Viaud)。
【格言など】鹿鳴館(ろくめいかん)夜会は公のどえらい笑劇だ(「江戸の舞踏会」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ロチ【Pierre Loti】
1850~1923 フランスの小説家。海軍士官として世界各地を巡り、異国情緒豊かな小説を書いた。「アフリカ騎兵」「氷島の漁夫」のほか日本を題材にした「日本の秋」「お菊さん」などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロチ
ろち
Pierre Loti
(1850―1923)
フランスの小説家。ロシュフォールの生まれ。本名Julien Viaud。幼いころから孤独で夢想的な性格で、ベンガル湾で死んだ兄のように船乗りになりたいと思った。海軍兵学校を出て海軍士官となり、南太平洋のポリネシアを振り出しに、イスタンブール、中国、日本、パレスチナなどを歴航、各地で見聞した印象をもとに、官能的で異国趣味的な作品を書いた。1885年(明治18)7月から9月までと、1900年の暮れから翌年の春にかけての2回、日本に滞在、『お菊さん』(1887)、『日本の秋』(1889)、『お梅が三度目の春』(1905)などの作品を書き、明治の日本を辛辣(しんらつ)に観察している。小泉八雲(やくも)と並び早くから日本を海外に紹介した。彼は、本能と習慣と未熟な思想をもって生活する人たちの幸せにあこがれ、ブルターニュの漁夫、バスクの密輸入者、タヒチ娘の生活などに興味をもった。しかし、そこにも結局空(くう)の空(くう)なるものを感じた彼は、新しい興味を他の土地の人々の生活のなかに求めた。彼の精神の根底にあるものはペシミズムであろう。作品はほかに、『アジャデ』(1879)、『ロチの結婚』La Mariage de Loti(1880)、『アフリカ騎兵』(1881)、『氷島の漁夫』(1886)、『東方の幻影』(1892)、『ラムンチョ』(1897)などがある。アカデミー会員[根津憲三]
『村上菊一郎・吉氷清訳『秋の日本』(角川文庫) ▽渡辺一夫訳『アフリカ騎兵』(岩波文庫) ▽吉江喬松・吉氷清訳『氷島の漁夫』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロチ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロチの関連情報

関連キーワード

逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合道光帝クールベコンドラチエフの波シューマンチェンバレンアールブルク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation