@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロッキードC-130ハーキュリーズ【ロッキードシーいちさんれいハーキュリーズ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロッキードC-130ハーキュリーズ
ロッキードシーいちさんれいハーキュリーズ
Lockheed C-130 Hercules
半世紀にわたって最も使われているアメリカ合衆国軍用輸送機。搭載量約 20tの4発ターボプロップ機として 1952年に開発着手,1954年8月に初飛行し,いまなお第一線で飛んでいる。肩翼で胴体床面を低くして尾部を持ち上げ,後部にランプドアをつける,輸送機の典型的な形は,このC-130によって定着した。アメリカ空軍海軍海兵隊のほか,イギリス,カナダオーストラリアなど約 60ヵ国で 2000機以上が使われ,日本でも航空自衛隊が 2006年現在 16機のC-130Hを運用している。C-130Hは,エンジンがアリソン T56 (4500馬力) 4,全長 29.79m,全幅 40.41m,総重量 70t,巡航速度時速 560km,航続距離 8260km,乗員5,兵員 92または空挺隊員 64,または貨物 19t。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロッキードC-130ハーキュリーズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロッキードC-130ハーキュリーズの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation