@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロッシュ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロッシュ
Roche, Denis
[生]1937
フランスの詩人,小説家。雑誌『テル・ケル』に拠り,プレネと並んでこの派の詩的立場を代表する。詩集『散文詩全集』 Récits complets (1963) ,『悪魔エロス』 Éros énergumène (68) がある。『損ね書き』 Le Mécrit (72) を最後に詩作をやめ,小説などを手がける。ほかに,ミショー,カンディンスキー,マリノフスキーに関する評論など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロッシュ
Roches, Léon
[生]1809.9.27. グルノーブル
[没]1901. ニース
幕末の駐日フランス公使。グルノーブル大学中退後,アルジェリアで農園を経営していた父のもとに行き,1836年アフリカ駐屯軍通訳官。 49年タンジェ (タンジール) 総領事。 57年チュニス総領事兼代理公使。元治1 (1864) 年駐日全権公使として来日,積極的な幕府援助政策を展開し,本国経済界の代表者と幕府の間に日仏合同商社設立契約を成立させるよう斡旋した。経済的,軍事的援助を幕府に約束するとともに,将軍徳川慶喜とも数回にわたって会見し,内政改革に助言を与えるなど,幕府による近代化政策の顧問として活躍。諸藩への接近を企てるイギリス側と対抗したが,幕府の瓦解で失脚。慶応4 (68) 年辞任,帰国した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロッシュ(Léon Roche)
[1809~1901]フランス外交官。1864年(元治元)駐日公使として来日。幕府を支持して積極的な対日政策を推進し、イギリス公使パークス対立軍制改革などに尽力したが、本国の対日政策変更のため、1868年(明治元)帰国。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロッシュ(Loches)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ロッシュ Roches, Léon
1809-1901 フランスの外交官。
1809年9月27日生まれ。元治(げんじ)元年(1864)駐日公使として来日。薩長支持のイギリスに対抗,江戸幕府を援助し横須賀製鉄所の建設にあたり,横浜仏語伝習所を創立した。慶応4年帰国。1901年6月26日死去。91歳。グルノーブル出身。グルノーブル大中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ロッシュ【Léon Roches】
1809‐1901
フランスの外交官,駐日フランス公使。グルノーブルに生まれ,1828年バカロレア取得後グルノーブル大学に入学したが6ヵ月で退学。32年アルジェリアに渡りアラビア語を学んだばかりかイスラム教徒となり,Si Omar ben Roucheと改名,アルジェリアを治めるアブデル・カデルの側近となった。のちフランス軍の通訳官となり,49年タンジールの領事に任命されるまで軍籍にあった。57年在チュニス総領事,代理公使となり,1864年(元治1)56歳で全権公使として江戸に赴任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ロッシュ
(Léon Roches レオン━) フランスの外交官。一八六四年(元治元)駐日公使として来日。横須賀製鉄所の建設、兵器・軍需品の輸入、兵制改革の献策などで江戸幕府を援助し、薩長両藩を支持するイギリス公使パークスと対立した。大政奉還後も徳川慶喜を支持。六八年(明治元)帰国。(一八〇九‐一九〇一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

ロッシュ
Léon Roches
1809〜1901
幕末,フランスの外交官
1864年駐日公使として来日。イギリスに対抗して幕府を支援。横須賀製鉄所の建設,武器軍需品供給,第2次長州征討に協力し,徳川慶喜 (よしのぶ) に幕政改革を進言したが,フランスの優位を確立できなかった。鳥羽伏見戦いの後,慶喜に再挙をすすめたが拒否され,幕府の倒壊をみて'68年帰国。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロッシュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロッシュの関連情報

関連キーワード

マキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation