@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ロッソ・フィオレンティーノ

世界大百科事典 第2版

ロッソ・フィオレンティーノ【Rosso Fiorentino】
1495ころ‐1540
イタリアの画家。本名ヤコポ・デ・ロッシGiovanni Battista di Jacop de’ Rossi。フィレンツェ生れの,第一世代のマニエリストの一人。1530年以降フランスに渡り,フォンテンブロー派の形成に貢献した。バザーリによれば彼に師はなく,追随する巨匠もいなかった。しかし初期の作品には,フラ・バルトロメオアンドレアデルサルトの定式化した古典主義的様式の影響が著しい。しかし1516‐17年,アヌンツィアータ教会にアンドレア・デル・サルトとともに描いた《聖母被昇天》には,すでにその悪魔的な図像がみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ロッソ・フィオレンティーノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロッソ・フィオレンティーノの関連情報

関連キーワード

クロムウェルチェリーニ土佐光信ビールサンガッロ荒木田守武勘合貿易遣明船(年表)コペルニクス(年譜)トレバー=ローパー産業革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation